トップページへ
大阪府交野市のローカル情報がめっちゃある!

交野の昔話『三太郎狐』を描いた泉 麗香さんの漫画。賞もとられている!~地元で語り継がれる昔話~

交野で語り継がれている昔ばなし。

2016年に交野タイムズでも紹介させていただいたのがこちら↓




今回ご紹介させてもらうのはこちら。

「三太郎狐 星田」というお話。

IMG_1672


「星田」「キツネ」というキーワードが、『石橋のキツネ』のお話と重なりますね。

タイトルは「三太郎狐 星田」

これは漫画家の泉 麗香さんがお話をきき、漫画にまとめられたものです。

IMG_1680

読ませていただくと、「石橋のキツネ」のお話も載っています。

語り継がれているお話を現代にマッチするようにアレンジされ、そこに「石橋のキツネ」のお話も紹介されています。

泉麗香_漫画01

また、この漫画は『全国くにうみマンガワールドカップ2022年』ご当地部門 漫画の部 大人部門 で優秀賞を受賞されています。


「三太郎狐」の画像クリックで漫画を全部読むこともできます。

審査員にはかの里中満智子先生のお名前も!

解説では以下のようにのべられています。

元になる『交野草子』三太郎狐・石橋狐のお話は悲しい終わり方をしているので勝手ですが、私が希望のある未来を付け加えました。(著者さまご快諾済。)漫画で、子どもたちにも未来に向かって読んで貰いたいからです。


IMG_1671
作者の泉麗香さん

また、「佐々木宮司さま、『交野草子』著者の廣岡昌子さまにも感謝します。」
とも受賞コメントでのべられています。

泉 麗香さんは、昔ばなしを地元で丁寧に取材され、漫画という親しみやすいかたちにすることにより、現代に伝えようとされているのですね!


普段は企業の紹介を漫画で描かれたりする広報漫画家さんです。

泉 麗香さんHP
https://reika-izumi.com/


交野タイムズ編集部でも、この漫画に登場している「高岡稲荷」については謎な部分も多かったので、話題には上がりつつもまだ記事には出来ていなかったのです。


このように昔話が現代に伝承されるということは、とても尊いことだと思います。

交野で、今も時々目撃情報のある「キツネ」さん。
ますます気になります。

交野タイムズでは引き続き、地元で語り継がれる昔話について調査していきたいと思います。





記事・撮影:お菊
取材ご協力:泉 麗香さん
お菊過去記事はこちら


ライター:katano_times katano_times


コメントする

名前
 
  絵文字