トップページへ
大阪府交野市のローカル情報がめっちゃある!

機物神社の近くで半夏生(ハンゲショウ)がいっぱい!〜七十二候の半夏生、お祭として住吉神社でもあったみたい〜

今年は梅雨が短くあっという間に日差しのキツイ夏になりましたが、先日、交野市倉治にある七夕で有名な機物神社(はたもの神社)に伺った時に半夏生の花が咲いているのを見つけました。

0S4A7720
 
 半夏生というのは、あまり聞き馴染みのない植物かもしれません。

「半夏生」と調べると七十二候の1つと季節の節目のこととも出てきます。

夏至から数えて11日目にあたり、農作業の目安とされているそうです。

ちょうど、毎年7月 2日ごろにあたるそうです。

この半夏生の頃に花を咲かせるので半夏生と言われるようになったという説や葉っぱの半分が白くなることから「半化粧」となったという説があるそうです。

参照:半夏生の育て方 

0S4A7726

七十二候の半夏生は、農家にとって大事な節目の日だそうで、この日までに

「畑仕事を終える」

「水稲の田植えを終える」

目安だそう。

そういえば、先日7、交野市私部(きさべ)の住吉神社で開催されていた半夏生祭も七十二候の半夏生に由来したもの。

その日は住吉神社で、湯立神事を行い、五穀豊穣などを祈願する神事があったようです。

IMG_4366

IMG_4370

これから、夏本番に向けて準備をしていきたいですね。

撮影:ひろちゃん
取材場所:機物神社
ひろちゃんのこれまでの記事はこちら

ライター:katano_times katano_times


 コメント一覧 (1)

    • 1. 水ようかん
    • 2022年07月08日 18:24
    • 私もパートに行く途中に機物神社を通ります。
      半夏生 きれいでしたね。
      もう 刈り取られてしまいましたが。

      ここ2年?もうちょっと前かな。
      この池の周りと参道の左手を 花を植えて手入れしてくださる男性がおられます。

      とってもきれいに咲かせてくださるので楽しみに通っています。

コメントする

名前
 
  絵文字