お正月といえばサッカー好きには天皇杯か高校サッカーが浮かぶかと思います。

今年は天皇杯の日程がずれて、12月中旬に終わってしまったので1月は高校サッカー一色です。

「選手権」と呼ばれる冬の全国大会がテレビで放映されていたのですが、今年はTVerでのLive配信です。

どこでも見れるので便利になりました。



今大会、残念ながら大阪代表の阪南大高はベスト16まで行きましたが青森の強豪「青森山田高校」に負けてしまいました。

ですが、全国大会にいくまでの大阪は208校の熱い闘いがされているんですよ。

選手権で大阪ベスト16に残っていた私立「香里ヌヴェール学院高校」はご存じでしょうか。

IMG_6753

2017年から校名を変更し共学になったので、「大阪聖母女学院高校」といった方がわかるかもしれませんね。

共学になったと同時期にぐらいからサッカー部にも力を入れ始め2021年には1人Jリーガーが誕生しています。

J2のザスパクサツ群馬の中田湧大選手です。

そんな学校のサッカー部に交野市出身の平尾拓士(ひらお たくと)くんがいらっしゃいまして、頑張っていたをご存知でしょうか?

夏の高校総体(インターハイ)の記事を見つけました。

3回戦戦で高槻北高校と対戦し3-0で勝利しているのですが、1点目は7番平尾拓士選手のシュートでした。



そんな平尾選手が、年末も押し迫った12月30日に枚方・寝屋川・交野を中心とした北河内からJリーグを目指してるJFL所属のサッカーチームFCティアモ枚方に加入すると発表がありました。



平尾選手はFCティアモ交野から香里ヌヴェール学院高等学校でサッカーに励まれ、そしてFCティアモ枚方に入団されました。

交野市出身の選手が地元のサッカーチームFCティアモ枚方に!というのは嬉しい話ではないでしょうか。

ちなみに香里ヌヴェール学院高校からはもう一人枚方で育った奥野陸選手の入団が発表されています。

地元の選手の加入は、もしかしたら知っている子かも、あの時一緒にボールを蹴っていた子かもとワクワクしますね。

これからの彼等の活躍が楽しみです。


(サッカー好きのひろちゃん@交野タイムズは、姉妹サイト枚方つーしんでもFCティアモ関連記事を取材させて頂いています。そちらもあわせてぜひ)


(交野タイムズでもちょいちょいご紹介させて頂いています)

ひろちゃんのこれまでの記事はこちら