変化にお気づきでしょうか?

何の変化というと先週あたりから交野の里山の木々の色づきがグーンと秋めいてきていることに。

11月の3週目くらいからじわりじわりと紅葉が進んできていて、ここ数日の気温の低下も相まって、11月20日頃から目に見えて里山の紅葉が進んでいるのが分かります。

IMG_7233

写真ではちょっと分かりづらいところもあるのですが、肉眼でみたらもっと紅葉になってます。

IMG_7371

交野市内の桜の木はもう早々と紅葉が終わっていると思いますが、里山の木々は紅葉樹が多い(一部は常緑の杉とかもあります)ので、紅葉のタイミング、葉っぱの色はまちまちです。

IMG_7454

木によって紅葉のタイミングも異なってくるのですが、ここ11月下旬になって個々の紅葉のタイミングのオーバーラップする部分が多くなってきているので、里山の木々の紅葉が加速してる雰囲気です。

私市植物園のメタセコイヤ
IMG_7346

大阪市立大学附属植物園(地元では私市植物園で知られる)のメタセコイヤはこんな感じでもうすっかり紅葉してて、なんならもう紅葉の折り返しという感じでピークをやや過ぎてる印象でした。

IMG_7345

11月14日(日)のほしだ園地ピトンの小屋前
IMG_7052

11月14日(日)に星のブランコがある大阪府民の森ほしだ園地に行ってたんですが、その時の様子はこんな感じ。

ピトンの小屋前です。

写真では「えっ!めっちゃ秋やん!」ってなってるんですが、14日(日)に行った時は確かに紅葉してる木もいくつかあったんですが、基本的にもみじとか楓とかそっち系の木々の紅葉でした。

また大きな木が紅葉するとその付近は落ち葉の量が多いので、落ち葉の絨毯も所々にありました。

ただ、その時は里山全体での紅葉はまだまだという感じで、星のブランコまで行けなかったので観光されてた方に話を聞いてみたら、「紅葉はまだでした」とのことでした。

IMG_7370

ですが、この1週間で里山の紅葉が遠目でもわかるくらい進んでいるので、もしかすると交野市の紅葉のピークは、今週末から12月1週目くらいなのかもしれません。

というわけで、いよいよ交野市も紅葉のシーズンに入りました。

この時期、家の周りをちょっと歩くだけでも秋を感じられるのと、もし交野山などの里山が観れる場所が近くにあればご覧ください!きっと、山の彩りにハッとさせられる瞬間がそこにあると思います。

記事:ハラダ
ハラダのこれまでの記事はこちら