10月17日から始まっている、第6回交野ショーレンバル。

なんと本日23日は最終日です!
チケットお持ちの方はもったいないので使いきってくださいね!

A2_210910_6th_logo-1908x2048

交野商業連合会の方々にいろいろ聞いてみた記事はこちら↓


詳しくは↑上記記事や交野市商業連合会の公式HPをご覧ください。



お菊@交野タイムズもチケットをゲット!

IMG_8543 2

パンフレットを来る日も来る日も眺め、研究し、チケットをどう使うか、期間が終わるまで全力で楽しみたいとわくわくと過ごしていましたが、もう終盤。

5枚綴り500円相当のチケットが5枚ついていて(2500円相当)
の2000円で購入できます。
(すなわち1枚400円!)
920円分の京阪バスチケットもついてます。

211001_B3_bar_tenpo-scaled

こんなにたくさんのお店の中から、どこに行こうかなあと選ぶわくわく感たるや!

お菊@交野タイムズのチョイスはこちら!

211001_B3_bar_tenpo-scaled 4


オオキタ園芸さん!
IMG_9324

住所でいいますと、大阪府交野市私部西1-13-7
交野市駅から数分のところにあります。

IMG_9323

お店向かって左のほうの道をいくとはるやま交野店キリン堂交野店があります。

IMG_9325

反対側の道は大阪王将交野駅前店や、駅前ロータリーがある方向に続きます。


a_バナー 02_アートボード 1

店長おススメの植物セット
チケット1枚
チケット2枚

これいってみます!

植物セットですって!

チケット1枚、チケット2枚
と2種類の表記があるということは、2種類から選べるということでしょう。

店内に入りますと・・・

IMG_9326

ショーレンバルのコーナーが設営されていました。
こちらは、バルチケット1枚と交換できるコーナー。

この日行った時間は夕方でバルチケット2枚と交換できるコーナーは全部商品は旅立っていました。
(正確に言いますと旅立ちかけていて、お花の寄植えのような感じのものがありました)


ガーデンシクラメン
IMG_9327

どれにするか迷います。

こちらはガーデンシクラメン。
クリスマスシーズン到来にむけてぴったりじゃないでしょうか。

多肉ちゃん
IMG_9328

こちらは多肉植物3つのセット。
多肉植物大好きなので、こころがかなりぐらつくお菊@交野タイムズ。

IMG_9332
システムができていてわかりやすい。


お菊@交野タイムズが悩んだ末に決めたのは・・・

野菜苗セット
IMG_9333
持参のエコバックに移動

店内も見てまわりました。

IMG_9334

やはりこのシーズン、目立つところにポインセチアがずらり。

IMG_9335

わああ。多肉植物コーナー。
いろいろ揃っています。

IMG_9336


IMG_9339
お花もたくさん。

IMG_9338

屋外コーナーもあります。

IMG_9340

レジの奥のほうに、温室のようになっているコーナー。

IMG_9341

サボテンも豊富。

かわいいので、お菊@交野タイムズこちらをバルチケットとは別に購入していきます。

IMG_9343
黄牡丹。

IMG_9344

このお財布にも優しいミニ多肉も購入。
小さい陶器に植えたらさぞかしかわいいのではないでしょうか。

IMG_9346
ルンヨニーさんご購入〜

シクラメンもゲットしようかと思ったのですが、オオキタ園芸さんでは一日に1チケットしか使えないとのことで野菜苗セットにしました。

満足な気分にひたりながら、お店をあとにしました。


いつもは

実食タイムズ

なのですが今回は・・・・

30fda10植


野菜苗1
IMG_9363

野菜苗2
IMG_9364

野菜苗3
IMG_9365

パセリ
IMG_9366

いちご苗
IMG_9367

アローズファームさんのところみたいにはたくさん収穫できないと思われますが、収穫の夢ふくらみロマンがあります!



ユーカリ
IMG_9368

(こちらはバルチケットではありませんが)
おしゃれなスワッグなどによくあしらわれているし、かわいい葉っぱにひかれて購入〜


全部でチケット1枚(400円相当)で
野菜苗、5ポット入っていました。

ちょっとお得感!

オオキタ園芸は地元のたのもしい園芸やさん。
20年近くちょいちょいお世話になっています。
久々に行かせてもらいましたが、定期的に行かせてもらい新顔植物を増やしていきたいなと改めて思いました。


【オオキタ園芸】
大阪府交野市私部西1-13-7
営業時間 AM9:40~PM5:00
定休日 年内無休
TEL072−891−1498




記事:お菊
撮影:お菊
取材先:オオキタ園芸
お菊過去記事はこちら