交野市星田8丁目。

スーパーニッコーから南星台へと向かう道。

IMG_5526
(まっすぐ行くと星田妙見宮とかある方面へ)

この道の右端から、住宅街に囲まれたとある池があります。

上の写真の真ん中右あたり、土手になってる草原の坂を登ります。

IMG_5525

少し登ると、小さな広場が広がっています。
IMG_5520

草に包まれた小さなフェンスに近づき、辺りを見渡すと、あらびっくり。

大きな池がありました!
IMG_5522

こちら、「全現堂池」

グーグルマップで調べてみると、観光名所として扱われています。

実は江戸時代にはここに3段になった三つの池があって、上から(南側)「上の池」(新池)、「中の池」(浅間堂池)、「下の池」(今池)と呼ばれていたとのこと。

ほとりには大日如来様が祀られているようです。

そして今回のメインはこちら!
IMG_5521

池の横の草原に綺麗なコスモスが咲いていました!

秋桜とも言われ、季節の移り変わりを実感させてくれるコスモスが、こんなところに咲いているとはビックリです。

見る限りこの草原には2色のコスモスがありました。

定番のピンク色
IMG_5524

濃いめの紅色
IMG_5523

しかし、どうしてこの草原に生えているのでしょう?

ランダムに咲いていることから察するに、自生してるような雰囲気です。

IMG_5520

地域の方が植えられたのか、もしかしたら自然にタネが飛んできたのかもしれませんね。

池の周りにもっとお花が増えてくれたら、とってもロマンチックな場所になるかも。

これからも、地域の植物などの情報もお届けしていきたいと思います。


【関連記事】


記事:のうた

撮影:のうた
取材地:交野市星田8丁目
のうたのこれまでの記事はこちら