a_バナー_アートボード 1

『カタノティーンズハローワーク』!



↑以前『カタノティーンズハローワーク』とは?
についてご紹介させてもらいました。

カバーKTH


かたのプロフェッショナル

現在、多くの子どもたちが大学に行きネットや書類の情報から仕事を選んでいます。
多くの場合【生活と職場】は切り離され、子どもたちは両親が現場でイキイキと働く姿を見ることもなく、日々疲れて帰宅する姿を見ているうちに
【仕事=しんどい】というイメージが定着し
「大人になりたくない」
「働きたくない」
「楽してお金を稼ぎたい」
という声が聞かれることも多くあります。
そこで子どもたちに、地域でイキイキと働く人たちを知り、実際に接していくことで 働く喜びを知り、夢を描き、日々の経験を活かして将来の仕事につなげていくサポート「キャリア教育」へつなげていきたいとそんな思いをこめて、この活動が始まりました。


第3回目のお仕事図鑑、
紹介させていただきます!

a_バナー_アートボード 1

FILE:03

「調理師」
松本 忠浩

じっくり自分を見つめ、
軸をぶらさず歩んでいきたいものです。

 交野市駅前通りでカフェ&レストランジュリアを経営しております松本忠浩です。
 父は生前、祖父の代から受け継いだ造園業を営んでおりましたが、私が3歳になる前に病気で他界してしまいました。母は女手一つで、姉と私を育てるために『松葉食堂』というお店を開きました。

 その後サンドイッチやドーナツなどを販売する『ロンドン』というお店に変わり37年前に、姉の高校卒業を機に同じ敷地に『ジュリア』という喫茶店をオープンしました。
 それから二度ほど改装し現在の『カフェ&レストランジュリア』に至ります。飲食業としては、かれこれ50年近くになります。

_74A6104_2

 私が小学生の頃は、野球に明け暮れ、今でいうボーイズリーグに所属していましたが、坊主頭が嫌で(結局今はハゲていますが…笑)中学入学後、悩んだ末にテレビドラマの影響もあって
ラグビー部に入部します。
 以後、先生や仲間に恵まれ、高校、大学とどっぷりラグビーにはまり、その縁で百貨店に就職することができ、外商部に配属されました。

 営業の仕事は毎日が厳しくも楽しかったのですが、一年半が経ちようやく慣れて来た頃、転機が訪れました。
 私は25才。母と姉がはじめた『ジュリア』の一度目の改装の時、母が過労で倒れてしまいました。私は有休を取り店を手伝っていましたが、現状を目の当たりにして、母子家庭で育ててもらった長男という立場などを考えた末、百貨店を急遽退職。店を継ぐ決心をしました。

_74A6071_2

 さぁ、それからが大変でした。調理に関して何の技術もなかったので、とりあえず、あべの辻調理師専門学校に夜間一年半通い知識と調理師免許だけは頂きましたが、なにぶん経験がものをいう世界なので悪戦苦闘の毎日でした。
 スタートが遅い分、若い人の三倍は頑張らねば、という気持ちで必死のパッチでした。自分の作りたいものが形にできず、あがき続ける日々の連続でしたが、家族はもとより多くの方に助けられ、そしてなによりお客様に育てていただいたと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。

_74A6132

 お代金をいただいた上に「ありがとう」「美味しかったよ」「楽しかったよ」と言っていただけることが何より励みになります。
 飲食業・サービス業って、素晴らしい仕事だとつくづく思います。私は交野に生まれ育ち地元が大好きです。この交野を飲食から盛り上げたいと今もずっと思っています。
 もし自分が交野の町に根を張るおおきな木ならば、幹は何で、枝は何なのか?どんな花を咲かせ、実をつけたいのかといつも考えています。じっくり自分を見つめ、軸をぶらさず歩んでいきたいものですね。ご健闘を祈ります。

調理師への道必要な資格:調理師免許
国家試験を取得する方法
○調理師学校(養成施設)に入学し、1年以上勉強し卒業することによって、
  無受験で調理師免許を取得
○飲食店などで2年以上実務経験を積み、調理師試験に合格する

0_カタプロ0607_出-01

ジュリアさんの過去記事↓


カフェ&レストラン JULIA
大阪府交野市私部3-11-3
ぐるなび紹介ページはこちら

=====
また、この記事を御覧になった大人の皆様、
ぜひぜひまわりの中高生の人たちにお知らせください。

人生の選択肢について考えるとき
地元の大人が
いきいきと仕事をしている姿も参考にしてもらいたいですね!

また、カタノティーンズハローワークでは
地元、交野のプロフェッショナルな方、職人さん、専門職の方で
地元の学校での職業講話、などへも出向いてくださるメンバーを募集されています。

大人と話す機会が、私達の時代と比べてはるかに少なくなっている今だからこそ、将来欠かせない仕事についての身近な大人の話は、私はとても有意義な時間だと思っています。
自分の仕事を通して、交野の子ども達に語る事で未来の仕事への希望を感じ、今を頑張れる様お手伝い頂ける方募集しています!」

ビューティサロンモリワキ交野店
森脇正子さん(カタノプロフェッショナル代表)宛にご連絡を。
072-891-9006


記事:お菊
取材先:カタノティーンズハローワーク、
カフェ&レストラン JULIA
記事中写真:カメラマンしらいちゃん
お菊過去記事はこちら