先日、京阪交野線の交野市駅と河内森駅のあいだ、第二京阪道路沿いの歩道橋から美しい田園風景を眺めた記事が配信されました。


京阪電車のトーマス電車についても詳しく書かれていますので要チェックです!

さて、今回はJR学研都市線の星田駅の北側に位置する広い田んぼの稲穂も続々と実ってきましたので、レポートしたいと思います。

星田駅のバスロータリー側出口から線路沿いに東へ向かいます。
IMG_5222

セブンがある交差点が見えるところまで歩いたら、もうすぐ到着。
IMG_5221

線路の高架から少しずつ北側に歩いていくと、
IMG_5217
(写真の方向は南を向いています。)

振り向けば田んぼが!
IMG_5220

さらに北東に歩くと、どんどん広い田んぼが見えてきます。

IMG_5219

カインズがある大通り沿いには超広い田園が広がっています。

写真に写りきらない広さ!
IMG_5216

IMG_5211

線路を振り返ると、田んぼと高架の対比がこれまた綺麗です。

IMG_5214

星田駅の北側は現在大規模な区画整備事業が行われていますが、少し東側へ歩くとまだまだ広大な田んぼが残っていました。

稲穂をアップで見てみると、もう食べられるんじゃないか!ってくらいに大きく実っています。

そろそろ収穫
IMG_5213

これから時間がたてば、葉っぱも黄色になってもっと黄金色のじゅうたんみたいな風景に変わっていくでしょう。

幼少期にあまり田んぼを見ずに育った人でも、秋の田園風景を見ると「懐かしい」という気持ちになるのは不思議で面白いですよね。

食べ物としても風景としても、お米に感謝です!

ちなみに交野市内の田んぼの稲刈りは、交野タイムズの過去記事を振り返ってみていると、だいたい例年10月3周目くらいから始まっている雰囲気です。

今年の稲刈りもそれくらい、早いところだともう始まってるかもという感じで例年通りかなと思います。





記事:のうた
撮影:のうた
取材地:星田駅北

のうたのこれまでの記事はこちら