交野市私市1丁目、京阪電車 河内森駅からJR学研都市線 河内磐船駅へ行く道の途中に創業37年の喫茶店があります。

珈琲専門店  ウィンザー
20210918_132951

駅の乗り換えで利用することの多いこの通りにはモスキッチンさんや粉もん屋八さんがあったり、さらに河内磐船駅より向こうへ歩いて行くと関西スーパー河内磐船店があったりと、通勤・通学の方だけでなくお買い物やお散歩で利用される方も大変多い道です。

なのでどうしてもたくさんの人が写ってしまうため、今回は周りの景色を撮らずに最寄り駅のご説明のみさせていただきます。

河内磐船駅
PICNIC_20210307_221311590

河内森駅
スクリーンショット 2021-09-19 22.35.37

お店は、河内磐船駅からは徒歩で約3分ほど、河内森駅からは徒歩で約2分ほどで到着することができ、どちらの駅からでも簡単にアクセスできます。

駐車場などはありませんので車や自転車でお越しの方はお近くのパーキングエリア、または駐輪場をご利用ください。

ランチメニューの看板
20210918_133003

営業中はランチメニューが描かれた看板が出ていますので、まずは外で何を食べるか決めてもよし!

もちろん決めないまま入ってもよし!

みーこ@交野タイムズは隙あらば悩んでしまう性格なので、まずは入店してメニューを見て直観で決めることに決定。

20210918_133017

こんにちは~!と中に入ります。

店内はシックでフランスを感じる大人な雰囲気IMG_8370 (2)

おしゃれなご夫婦が営業されていて、入店するとすぐにマスターと奥様が挨拶して下さりお好きな席へどうぞ~と案内され、テーブル席かカウンター席お好きな方を選べます。

今回はみーこ@交野タイムズはおひとりさまだったのでカウンター席を選ぶことに。

IMG_8382 (2)

お店へ入ってすぐ左側にはひとり用の席もあります。

壁のような仕切りもあってちょっぴりプライベート空間な感じもするので、おひとりで来られた時はこちらの席で本を読みながら静かに珈琲を頂くのも落ち着く過ごし方かもしれません。

IMG_8375 (2)
ちょっぴりプライベート空間なおひとりさま席

元銀行員の奥様は面白いお話や深いわ~と勉強になるようなお話もたくさんして下さり、何より話題を引き出すことが上手で話しているのがとっても楽しい!

ご来店されるお客さんの年代もばらばらで、みーこ@交野タイムズが来店した時は90歳くらいの女性と20代の女性が一緒にご来店されていて、90歳くらいの女性がいつもブルーマウンテンを飲んでいるのを見た20代の女性が「私も飲む!」と言って以来、おふたりはブルーマウンテンを注文されるようになったそうです。

もちろんこのおふたりは常連さん!

生まれた年も育ってきた環境も違うふたりが、ウィンザーさんがきっかけでさらに繋がっていく。

そんな素敵なお話を偶然聞くことが出来ましたが、来る時間が少しでも遅れていたら知ることはできなかったんだ…と思うと、なんだか不思議な感覚もありつつ嬉しい気持ちです。

このように「水の環が広がるように色んな人が繋がっていけたら」と奥様がお話して下さりました。

俳句が趣味で20年以上続けられている奥様と言葉を交わすたびに、新しい言葉の表現方法を学べる気がしてきます。

IMG_8362 (2)

お話している時にふと、向こうの壁の写真に気が付きました。

なんとなく気になったので聞いてみることに。

壁にある写真
IMG_8363 (2)

みーこ@交野タイムズ
「あの写真ってご家族の方ですか?」

ウィンザーさん
「あれね、写真じゃないんですよ」

みーこ@交野タイムズ
「えっ?」

ウィンザーさん
「鉛筆画なの」

みーこ@交野タイムズ
「えんぴつ!?」

IMG_8364 (2)
えっ…

IMG_8376 (2)

鉛筆画ですって~!!

IMG_8377 (2)
もちろんこちらも鉛筆画

本気で写真だと思ってなんとなく聞いてみただけなのにとんでもない情報を聞いてしまいました。

お孫さんが描かれた鉛筆画で、プロの方にお願いして描いてもらったそうです。

入店してすぐ右側の壁に飾ってありますので、お店に行かれた際はぜひ近くでじっくり見てみてくださいね。

※こちらの鉛筆画はご家族へ掲載許可を取った上で、撮影・掲載をしております。
 無断転載は許可されていません。


IMG_8371 (2)

こちらのシャンデリアはオーダーメイド!

他にもこだわりのあるインテリアや絵が飾られていて、美しいティーカップやソーサーが並べられた食器棚を眺めているだけでも充実した時間を過ごすことができます。

ここでお店のメニューを見ていきましょう。

IMG_8384 (2)

関西テレビ放送よ~いドン!でも紹介されたというハムエッグトーストサンドは、よく注文される常連さんも多いそうで人気メニューのひとつだそうです。

コーヒーに合うパンもオーダーメイドで作って頂いているようで、同じパンメニューであるシナモントーストも人気メニューで注文される方が多いみたい!

20210918_121440
ドリンクメニュー

珈琲は産地によって味わいや風味が全く違ってくるので、マスターと奥さんに好みを相談して今日の一杯を選ぶのも楽しい時間になりそうですね。

先ほどお話したハムエッグトーストサンドはサンドウィッチのページに載っています。

20210918_121401

デザートのページにはホットケーキやアイスクリーム、コーヒーゼリーパフェも!

20210918_121353

もうすでにたくさん魅力的なメニューが並んでいて悩んでしまいますが、フードメニューもいくつか種類が!

ピラフだけでも「炒飯」「チキン」「エビ」「高菜」「ドライカレー」の5種類

さらにAランチ、Bランチ、Cランチ、WINDSORランチと、ランチによって内容も様々。

20210918_121344

悩みに悩みまくった結果選んだのはこちら!

IMG_8358 (2)

エビピラフ(お味噌汁・ミニデザート付き) ドリンクセット
760円(税込)

IMG_8359 (2)
温かいお味噌汁付きでおなかもほっこり

IMG_8360 (2)

シルバーなプレートに盛り付けられているので高貴な雰囲気があります。

ぷりぷりのエビ、小さく刻まれているのにしっかりと感じるお野菜のしゃきしゃき感、ちょうどいい塩加減、お米の甘み、おいしいの条件がいくつも重なっている喫茶店ならではの逸品!

ごはんの量もちょうどよく、ぺろっと食べられちゃいます。

お味噌汁もおいしくて、ピラフにぴったりのお味でした。

IMG_8368 (2)
珈琲は食後に提供されます

何口か飲んでいるとだんだんワインのような、はたまたアロマのようなふんわりと香るフレーバーを感じ、尚且つ少し濃いめの香ばしい味わいで豆の味・香りもしっかりと感じます。

飲み終わってもしばらく軟口蓋に飲んだ後のフレーバーが残り、そのフレーバーを感じた瞬間に珈琲のお味を思い出し、思わずふふっとなるおいしい珈琲でした。

おふたりとも珈琲のお勉強をきちんとされているので、珈琲トークにも花が咲きます。

ちなみに現在はモカエキスプレスという直火式のエスプレッソメーカーを使われていますが、以前は色んな珈琲器具で淹れられていたそうな。

水出し珈琲を作る器具も置いていたみたいですが8時間くらいかかってしまい大変!ということで今は使っていないようです。

IMG_8383 (2)
モカエキスプレス

IMG_8369 (2)

ミニデザートのバニラアイスもさっぱりした優しい甘さで、珈琲との相性も抜群でした。

760円とは思えないほど大満足です。

20210918_152744
手作り無添加クッキー 1袋 100円(税込)

そしてウィンザーさん、実は奥様手作りの無添加クッキーも販売しております!

みーこ@交野タイムズはうさちゃん飼いなので、自分用とお土産用にうさちゃん2種類を購入しました。

甘さ控えめなしっとり生地とドライフルーツが合わさり、食感も楽しい体にも優しいお土産にもちょうどいいクッキーです!

無添加なのも嬉しいポイント。

今回はうさちゃんチョイスでしたが、この時期はハロウィンが近いということでおばけちゃんデザインのクッキーもありましたので、ぜひお好みのかたちを見つけてみてくださいね。

20210918_153632

ウィンザーさんはお人柄、こだわり抜かれたインテリアや食器類、選ばれたパンや珈琲たち、どれをとっても愛される理由しかないお店です。

地元の珈琲好きに愛される喫茶店ですが、お話をしたいから来る!という常連さんもいらっしゃるそうです。

フードはもちろんクリームソーダもおいしいので、珈琲が飲めない方もぜひぜひ。

※店内撮影OKですがおふたりともお顔は撮影NGとのこと。
 撮影する際はおふたりを勝手に写さないようお気遣いのほど、よろしくお願いいたします。


【関連記事】



記事:みーこ
撮影:みーこ
取材地:珈琲専門店 ウィンザー
みーこのこれまでの記事はこちら 


★店舗名
ウィンザー

★ジャンル
喫茶店、珈琲専門店

★住所
大阪府交野市私市1丁目1‐24

★電話番号


★営業時間
平日 7:00~17:30
土日 8:00~17:30

★定休日
木曜日

★ウェブサイト


★駐車場
なし
(近くにコインパーキングあり)

★マップ

大きな地図はこちら