新型コロナウィルスが流行してしまってから、どのお店でもアルコールを置いている状況が当たり前になってきたこの頃。

手で押すポンプ式だけでなく、足踏み式や手をかざすとアルコールが出てくるセンサー式のものも珍しくなくなってきましたね。

ですがお店によっては設置しているアルコールが1個じゃ間に合わず入り口に少しばかり人が並んでしまう光景もよく見かけるようになったのも事実です。

ちなみにセンサー式のやつでヘビーユーズの結果なのか、反応がちょっと鈍くて手をかざしてもシューって出てきませんというシチュエーションなんかも割とあるかなと思います。

そんな中、

入り口のアルコールを1個から2個体制に増やしているスーパー

を発見しました!

こちら
20210816_173824
関西スーパー 河内磐船店

交野タイムズもいつもお世話になっている関西スーパー。

JR学研都市線の河内磐船駅から歩いて数分、住所は交野市森北1丁目にある関西スーパー河内磐船店です。

まずは左側の入り口から!

20210816_173834
正面から見て左側の入り口

左側の入り口には、元々置いていたものとは違うタイプのアルコールスタンドが背中合わせになるように設置してありました。

こちらの入り口はやや小さめなので、スマートなアルコールスタンドだと邪魔になることがなくすっと通ることができますね。

20210816_173900
手をかざすと出てくる自動タイプ

20210816_173912
反対側も同じアルコールスタンド

今度は右側の入り口を見てみましょう。

20210816_174000
正面から向かって右側の入り口

右側の入り口は、左側の入り口より少し広めの作りになっているからか、あのスマートなアルコールスタンドではなくカバーがしっかりとしたアルコールスタンドが設置されてありました。

こちらも邪魔になることはなく、スムーズに通ることができるので車いすやベビーカーをご利用の方は、正面から向かって右側の入り口の方が通りやすいかもしれません。

20210816_174117

20210816_174110

ちなみにこのカバー付きアルコールスタンドのひとつは、左側の入り口に置かれていたものだと思われるのですが、以前と同じ自動タイプではなく手で押すポンプ式のアルコールに変わっていました。

スマートなアルコールスタンドは下に向かって細かい霧状となり噴射されるのであまり飛び散りも気になりませんが、そのままアルコールをダイレクトに置く場合はこういったカバー付きのアルコールスタンドも利用していて安心感があります。

20210816_174132

交野市内には様々なスーパーが並んでいますが、アルコールが2個体制だと待つ人も少なくなりそうですしとっても便利ですよね。

まだまだ油断のできない状況なので、外出先でのアルコールを忘れずに過ごしていきましょう。


*関連記事*






記事:みーこ
撮影:みーこ
取材地:関西スーパー河内磐船店
みーこのこれまでの記事はこちら