a_タイトル_アートボード 1 のコピー

交野を走る鉄道のことを、新旧おりまぜながら
明円勝(Masaru Myoen)氏の写真ご協力によりご紹介します。

このシリーズは2017年よりスタート。
約4年あいだがあいてしまいましたが
久ぶりにシリーズ復活です!

カタノテツfile.04

229225845_259083582451895_1060147013349260926_n


交野線郡津に到着する
京阪電車630系枚方市行き普通電車

1969年頃駅の周辺は未だ広く見渡せる様子でした。
余談ですが地元で70歳以上の人に枚方から私市に行く線名は何でしょうと聞くと
私市線と答えてくれる方がいらっしゃいます。
普通支線の名前はその線の終着駅名をつけることが当たり前で
交野線の様な途中駅を線名とすることの方が珍しいのです。

写真:明円勝さん

====

0_お菊
お菊のひとことさすがのお菊@交野タイムズも、まだ小さい頃!
(だがもう生まれてる!)
おもいっきり単線ですね。
そういえば、時々『私市線』って言われてる方いますいます。
風景も、なにもない原っぱも多く
この時代の交野を想像しちゃいますね。


『カタノテツ』バックナンバーはこちらから↓




  明円勝さん(Myoen Masaru)プロフィール


be3e4c9b

1956.1.25生まれ
大阪府守口市出身
大阪工業高等専門学校 機械工学科卒
音楽好き、淡水魚好き、鉄道好き


記事:お菊
撮影:明円勝さん
お菊過去記事はこちら