大阪市立大学附属植物園。

IMG_4120
(外側から見た植物園は、普通に森!)


『大阪市立大学理学部附属植物園』から名称変更されています。

IMG_4121


コロナの緊急事態宣言中、休園されておりましたが
解除にともない、6/22から開園。

7月の、ある晴れ渡ったある日
開園後久々に植物園さんぽにくりだしました。


それではさっそくいってみましょう〜!

1)アオノリュウゼツラン7/16開花!

お菊@交野タイムズがアオノリュウゼツランの開花をチェックしに行ったのは7/11。
受付のところで、職員さんに開花しているかお聞きしたところ、、、、

まだとのこと。

絶対開花していると思ったのに…

IMG_4170

これが、アオノリュウゼツラン

植物園公式HPにアオノリュウゼツランの観察日記がありますので経過もわかるようになっています。


足組が組まれ、撮影しているかのようなセッティングは、
経過の記録のためと推測します。


IMG_4166

10年か20年で開花。(日本では数十年で開花)
一度開花すると開花した株はその後枯死するので
一生に一度だけの開花である。

とのこと!

前回の開花は2012年。
交野タイムズでは開花の記事はないものの
枯死の記事こちら↓




そんなアオノリュウゼツランですが
親戚サイトひらつーさんの記事によりますと
全国でも最近、いっせいに開花しているとか。




取材に行った7/11のアオノリュウゼツラン。

IMG_4172

こんなに大きい!(高い)
どんな高さなのか、たまたまおられた知り合いファミリーに
大きさ比較で写真に入ってもらったら、こんな感じです。

まだ咲いてないね〜(7/11現在)なんて思っていたら…

IMG_4175

ここでは咲いてるよ、と
見せてくださいました。

あーーー!
ほんとに咲いている!!

IMG_4175

植物園で描いておられたおじさまが
咲いているシーンを見せてくださいました。

やっさん画伯、ありがとうございました〜〜

5日前にすでにやっさん画伯が咲かせてくれておりました。


2)ハナハスがきれいだ!

ハナハスコーナーも花がきれいでした。

IMG_3312

IMG_3314
咲いていたり

IMG_3316
つぼみも美しい

IMG_3363
咲きかけも可憐です。

IMG_3320
造形が趣深い。

IMG_3364
背筋がのびるような。

7/11の段階で、つぼみもたくさんありましたので
開花も楽しめるのではないでしょうか。

3)トイレが完成していた!

ずっとロープが貼れられていて、これはトイレだろうなとは思っていましたが

IMG_4178


IMG_3371

この建物・・・・

IMG_3386

IMG_3372
ついに完成〜〜〜!

ユリノキ広場のトイレ完成を喜んでいるひとは多いと思います。
なんとなくデザインもおしゃれ。


4)夏だ!植物園の涼しいスポットって?

植物園は好きだけど、夏は、ちょっと暑くて大変と
思っておられるかたも多いかもしれませんが、

夏でも、木陰だと涼しいのです。(お菊@交野タイムズの主観)


いわゆるフィトンチッドの効果でしょうか。

フィトンチッド(phytoncide)とは、微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する化学物質。植物が傷つけられた際に放出し、殺菌力を持つ揮発性物質のことを指す。
Wikipedia より

植物園の職員さんに、

「植物園の中で、涼しいスポットってどこですか?」

と、ばっくりした質問をさせてもらったところ

たぶんいろいろあると思うのですが
わかりやすいところひとつあげてくださいました。


IMG_3373

このあたり!


IMG_3373

メタセコイヤのへんで、沼というか池があるところ。


IMG_3379

この、にょろにょろっとはえているのがヌマスギ。


IMG_3374


IMG_3377

夏日でもすずしい・・・
(感じ方には個人差があります)


IMG_3378

夏に植物園に来られましたら
ここもぜひ行ってみてください。


0_お菊
お菊まとめ・アオノリュウゼツラン開花していて、めったと開花しないので見に行ったほうがいい。

・やっちゃん画伯は少し早く咲かせてくれていた。

・ハナハスは開花シーンもつぼみも美しい。

・ユリノキ広場のトイレができて、安心感。

・夏でも涼しい気がする植物園。特に、メタセコイヤのあたりのヌマスギのある池のへん。

・四季折々楽しめる植物園。夏もしかり。飲み物持参でぜひぜひ。

大阪市立大学理学部附属植物園関連の記事はこちら↓