じゅん@交野タイムズの家には、もうすぐ1歳になるワンコがいます。

もうすぐ初めてのお誕生日、なにか買ってあげようかなぁ。

と思っていたところ、交野市内に

手ぶらでワンコ服を教えてくれる教室がある

と知り、これやとなりました。

教えて下さるのは、

交野在住のWORK SHOP@HOMEさん。

自宅洋裁教室をされていてワンコ服作りを教えていただけます。

まず、予約をします。

予約時に、

*都合の良い日程 
*性別 
*名前 
*年齢
*サイズ(首周り、胸囲、着丈) 


を連絡。

犬種によって、ラグランTシャツ、Tシャツ、ノースリーブのパターンを選びます。

予約が確定し、そうしたら、

「当日は手ぶらで大丈夫です!」

と連絡がありました。

…そして待ちに待った、当日。

教室は、交野市星田山手にある先生のご自宅。

(教室がご自宅ですので、写真の掲載は控えますね)

151299619_2180811755387527_8419562129396617956_n

ミニチュアピンシャーのすだちちゃんがお迎えしてくれました。

すだちちゃんは元保護犬(NPO法人ラブファイブ)です。

生地を選びました。

151232858_2180811662054203_575204305435812557_n

たくさんあって、どれにしようか迷ってしまいます。

手ぶらで良いですよ!

と先生がおっしゃっていたのは、生地も好きに選べるからだったんです。

「おうちの人がもう着なくなったスウェットやフリースなどからも取れますよ」と先生。

なるほど、お気に入りだったけどもう着なくなった服などをワンコ服にすれば、捨てなくてもよいし、なにより愛着も沸きますね。

子どもの体操服とかジャージとかの名前の刺繡のとこ使ったら面白そうです。

選んだのはこちら。
151111155_2180897742045595_1075145761791338489_n

裏も表も使える生地だったので、背中側とお腹側で色を変えることに。

予約時に連絡していたサイズで先生が型紙を用意してくれていました。

151779890_2180811585387544_2019852536444754093_n

型紙通りに生地を切ります。

151978059_2180811578720878_6215822322366547585_n

パーツが切れたら、いよいよ縫い始めます。

151224102_2180811382054231_6191379351675494399_n

丁寧に教えて下さるので初心者でも大丈夫です。

ぶきっちょでも修正してくださいます。

(たくさん修正してもらいました笑)

151308591_2180811715387531_7194542249294273814_n

端の始末はロックミシンで。

人生初ロックミシン。

151237299_2180812588720777_7617130761967474007_n

これはドキドキしながら、襟を縫っているところ。

完成したら、タグやリボンなども選んでつけることができます。

じゃじゃん!完成!
151239053_2180811425387560_2863835713832193344_n

タグのとこ見てもらったら、私の裁縫レベルはお分かりいただけるのではないでしょうか。


「大丈夫!縫い目も味だよ。」

とニコニコ笑ってくれます。

先生、もしかして女神ですか?

完成・着用画像
151697489_2180811725387530_2280018026545196464_n
ああああかわいいーーーー!(親バカ)

ちなみに先生、WORK SHOP@HOMEさんは、

他にミツロウを使ってエコラップ(洗ってまた使えるラップ。ゴミも減るし環境にも良い!)

のワークショップなどもされています。

151299625_2180811765387526_9178413816922459807_n

151530857_2180811492054220_144605558202809657_n

ちなみに犬服のレッスン料金は材料費込みで、

 小型犬 3000円
 中型犬 3900円
 大型犬 4800円 
です。
 
型紙は別途です。駐車場1~2台あり。

連絡は、インスタグラムからメッセージでとのことです。

151605539_2180811472054222_257448797247971306_n

このデザイン、蜜蝋の黄色に蜂。蜂さんよく見たらECOになってる!

お店のインスタグラムにもアップしていただきました。
↓↓↓ WORK SHOP@HOMEさんのインスタ  ↓↓↓


自分で選んだ素材で、自分で作ってそれを着せてあげられるというのはかなり嬉しいです。

インスタグラムからの受付になりますので、じゅん@交野タイムズのようにやってみたい!という方はぜひご連絡してみるのはいかがでしょうか。

記事:じゅん
撮影:じゅん&WORK SHOP@HOMEさん
取材場所:星田
じゅんのこれまでの記事はこちら