JR学研都市線の星田駅から歩いて数分。

南西の閑静な住宅街へと続く道に、信号の切り替わりの遅い交差点があります。

この信号は急いでいる方々の悩みの種にもなっていたようです。

86218262-525D-4E73-8520-8D9FD26AFECA

前述のとおりこの交差点は歩行者にとっては信号の切り替わりが遅く、通勤や帰宅ラッシュの電車が星田駅に到着する前後の時間に人だかりができていました(現在は在宅ワークの増加でマシになっています)。

ここ、歩行者の横断歩道があります。

97AD927B-2697-4E24-B34D-2CCDDF4D1980

最初の写真では右の建物に隠れて見えなかった、上の写真の赤丸で囲った部分が横断歩道です。

ここで一つ問題点が

S__41181273

正規の横断歩道にもかかわらず、ご覧のとおり道路を渡りきったところには、大きな段差があるのです。

小さいお子様やお年寄りの方々は当然、ここを渡ることができません。

健康な大人ならこの段差自体は容易く乗り越えられますが、例えば信号が変わる直前だと背後に車道がある状態で段差を超えるのには少し勇気が必要です。

まさしく脚の震える70センチの断崖絶壁だったのです。

 

こういった理由で、今まではこの横断歩道を通るほとんどの方が、下の写真の赤い矢印に沿って車道にはみ出しながら歩いていました(同じ交差点を向かい側から撮っています)。

865B7D1B-A0AF-47F0-AC6E-FC1EB6E222DC

つまりは大勢の歩行者が一斉に車道を通り、非常に危険だったのです。

車に乗っている方々にしてみても、歩行者にぶつからないかをかなり心配しながら運転されていたに違いありません。

 

しかし1か月ほど前から、この危険な交差点に光の手が差し伸べられました。

7B48200B-6979-4EC9-B4D9-8BF71F48A4D0

あ!工事されてる!

 

正規の横断歩道を通りやすくするために例の段差を取り除き、歩道を整備しているようです。

これで少しはこの交差点の危険がなくなるかも。

全体的にスッと分かりやすくなってます。

CA830F24-5803-4EC4-9A23-A1E0FE763BC8

近くで見ると、すでにほぼ整備が完了。

完成が楽しみです。


ちなみに、写真でも存在感を放っている通り、ここには地元民が知る人ぞ知る名店、「とり焼き ひゅうが」があります。


ひゅうが営業中

C5542A22-D7D0-4575-B4F9-248C86085CCC
(このとおり工事中も元気に営業されているみたいです)


もしお店の方から許可をいただければ、またの機会にご紹介します。

ご期待くださいませ。


記事:のうた

撮影:のうた
取材地:交野市星田4丁目
のうたのこれまでの記事はこちら