府道736号線沿い、倉治の交野警察から第二京阪国道へ向かう途中にある交野のオベリスク的で地元の昔からある象徴的な構造物の青山の時計台

IMG_9541

現在、すっぽりと白いシートで覆われています。

IMG_9873

Facebookで交野市情報をシェアしようの交野シェアでもちょっと話題になってたり、交野タイムズでも

青山から交野警察署に向かった時、左にそびえ立つ時計台が、足場で覆われてます。
修復でしょうか?取り壊しでしょうか?

青山にある ずっと止まったままの時計台。今朝気づいたのですが
真っ白に何かでおおわれていました。
壊されちゃうのかなあ

倉治の時計台が全面、白い布で覆われていますよ。何ででしょうかね?


というコメントも情報提供コメントにありました。

もう、全部真っ白!
IMG_0916

普段、この時計台は水色カラーが印象的なんですが、真っ白のシートモードになってて、時計台のその大きさとインパクトが一層際立ちました。

IMG_5464

余談ですが、ここは大阪ガスの交野ステーションと敷地前の看板にそう名前が出てて、大阪ガスの施設。

この施設内に時計台があって、すっかり交野市民から馴染みのある建物と認識されていて、地元では青山の時計台(時計台の住所は倉治ですが、交野市青山に近いことから青山の時計台)と呼ばれています。

この時計台は時計台なんですが少なくとも2013年には実際の時間と合わなくなり、2016年にはさらにずれてきて、2019年2月には完全に時が止まりました。

2013年
1a8045f6-s

2016年
20c5e1f4-s

2019年に沈黙
f32fa107-s

この時計台は割と遠くからも時間が分かってとてもありがたいものだったので、時が止まったのを今回工事して直しているのかもしれません。

IMG_5102
(時計が直るのか?も気になるところ)

ただ周辺には工事看板などはなかったので実際にはどんな工事をしているのか?は不明ですが、時計が復活して時間を指し示してくれることを願うばかりです。

今まで青空色と白のカラーがずっと馴染んできていたので、金色とかピンクとかなんか変なイラストとかのペイントになったりしたら嫌だなぁなんて思います。

時計台の白いシートが取り外される時が来るのでその時にどうなっているのかが分かるので今からちょっとどうなっていくのか気になるところです。

今回は水ようかんさん、さぼたさん、匿名さんから交野タイムズ情報提供ページより情報提供いただきました!ありがとうございます!

【関連記事】