お正月モードもすっかり落ち着き、七草粥も食べ、普通の暮らしにすっかり戻った今日このごろ。

町のあちこちの植物をよーく観察すると、もう春の気配を感じることができます。

今日は妙見東三丁目あたりをうろうろしてみました。

さくら通りからバス停までの短い距離ですが、たくさんの発見がありました。
IMG_9688

小さな白いお花が咲いています。
P1081578

かわいい新芽。
P1081580

桜だ!!
P1081585

こちらはきっと、黄色い梅。
P1081588

バス停のベンチの前には、ふさふさの芽。
P1081595

スイセンが咲いています。
P1081590

道端に、今にも咲きそうな黄色い花が。
P1081599

こちらにも。
P1081602

落ち葉の下から、がんばっている雑草。
P1081604

茶色くなったあじさいからも。
P1081596

梅のつぼみもふっくら。
P1081610

あ!

一輪咲いています!
P1081607

今にもはじけそうなつやつやした芽。
P1081615

広場では…
P1081612

謎のミステリーサークル!
P1081614

もぐら君の仕業ですね。
P1081616
自生の三つ葉も。

すっかり落葉した木々の枝先や、落ち葉で埋め尽くされた地の上や中で、植物や動物は春に向けての準備を着々と進めているようです。

暦の上では、小寒、大寒と、1年で一番寒い時期ですが、天気のよい日は少し目をこらして、あちこち見てみられてはいかがでしょうか。

そこかしこに、生命力が満ちあふれていることを発見できますよ♪

交野タイムズ@ひふみ