交野の冬

市街地から生駒山系の山のほうに上がるうちに、空気がどんどん冷たくなってきます。

そんな交野の森の中。

ある日の朝の気温はマイナス4度!

今年は暖冬…とはいえ、やっぱり冷えるときは冷えるのです。

IMG_9643

そんな冬の冷気を使って、毎年作るのは…

そう、ベーコンです!
IMG_9629

市販のベーコンは、「ベーコン風肉」と言いますか…

きっといろいろなものを使って作られているのだと思いますが、手作りのベーコンの材料はお肉と塩・砂糖とスパイスのみ。本当の肉の歯ごたえと味がして、それはそれはおいしいのです。

一度作るとその味が病みつきになる、冬の楽しいお仕事・ベーコン作り。

その制作の様子をちらっとご紹介♪

①豚バラブロックに味をつける
塩、砂糖、こしょうやベイリーフ、ナツメグなど、お好みのスパイスをあらかじめ混ぜたものを、お肉にごしごしと擦り込みます。

IMG_9497

②密封し、屋外の冷気の中で6日間、寝かせます。

IMG_9499
☆寝かせるときは、動物に狙われないように、動物が開けられない容器に入れましょう!

6日後…

IMG_9613
お肉から余計な水分がたくさん出ました!

③水でよく洗い、流水に5~6時間、さらします。
さらす時間により、塩分を調節できます。

④一晩冷気にさらし、余分な水分を飛ばします。

IMG_9618
☆干すときも、動物に狙われないように注意しましょう!

⑤50度~60度に熱した燻製器の中で、2時間ほどじんわり加熱&乾燥させます。

我が家では、温度を一定に保つために「電熱器」を使っています。

IMG_9621

⑥燻製用のチップを入れ、さらに5時間ほど燻煙にかけます。

最終的には75度ぐらいになるまで加熱します。

そして…

完成!

IMG_9679

作りたては薄くスライスして、生ハムのように食べることができます!
IMG_9627

しっかりとしたお肉の歯ごたえと、ふんわり溶けていく甘い脂身。

肉のうまみが凝縮されて、燻煙とスパイスのよい香りが口いっぱいに広がります。

手間暇はかかりますが、その分おいしさは格別です。

手作りのものを食べると、もう市販のものは食べられなくなります。

使いやすい大きさに切って、密封し、次の冬まで大事にいただきます。

IMG_9628

というわけで、皆さまも自家製ベーコンをぜひぜひ。

「交野の森暮らし」シリーズ。
交野でもできる、交野だからできる、豊かな自然を利用した暮らしのあれこれをちょびっと紹介します。

森暮らし


交野タイムズ@ひふみ