地元で稲刈りを体験してみようということで、

さて、いよいよ稲刈りです。

この日は『もち米』の田んぼの稲刈りでした。

まずは、稲刈り機が入るために、田んぼの四隅を鎌で刈ります。

刃がギザギザしており、のこぎりのような鎌です。

左手で稲を持ち、できるだけ下のほうを右手で刈ります。

だいたい6束を1セットにし、まとめて田んぼのあぜ道に置いておきます。

6束1セット
IMG_8758

ザクザクと鎌を入れる
IMG_8759

ザクザクという手ごたえのある切り心地。

なんだかクセになる感触です(笑)

アフター刈り取り
IMG_8755

6束分。

ずっとしゃがみ姿勢で、いつも使わない腕の筋肉を使うので、少し刈るだけで体が温まってきます。

下準備の完了
IMG_8769

この時点で、すでにクラクラ…。

もち米の稲は、通常の稲よりやわらかく、背が高く、稲刈り前の豪雨で稲が一部横倒しになっていました。

この横倒しが、後々大変なことになりました。

IMG_8757

さて、次はいよいよ稲刈り機の登場です。

つづく

-前回までの様子はこちら

【次回予告】
交野の田んぼの稲刈りのお手伝いをしてみた!
~稲刈り機の登場編~
無題


交野タイムズ@ひふみ