それはどんぐりの季節。

今年は当たり年なのか、交野の里山にはいろんな種類のどんぐりがたくさん落ちています。

そんな中、『イズミヤの駐車場に食べられるどんぐりがたくさん落ちているよ!』という情報を聞きつけたので、すぐさま駆けつけてみました。

秋晴れのさわやかな午後。
IMG_8613

おなじみの、京阪交野市駅すぐそばのイズミヤです。

駐車場の奥まったところをうろうろしていると…

ありました!
IMG_8615

たくさんのどんぐりが所狭しと落ちまくっています!

けっこうでかい!
IMG_8621

殻の表面は、白っぽくなっています。
IMG_8619

そして、どんぐりの帽子にあたるこの部分が、うろこ状になっています。

これは、食べられるどんぐり

『マテバシイ』

に間違いありません!

IMG_8617

木を見上げると、まだまだたくさんの実がなっていました。

さっそく持ち帰り、食べてみることに。

オーブントースターで、殻にヒビが入るぐらい、5~10分温めてみました。
IMG_8654

温められるどんぐりたち。
IMG_8655

10分後。

殻の表面の白っぽさがなくなり、つやつやに。

殻を割ると、薄皮もはがれ、実がぽろりと出てきました。
IMG_8657

お味は、栗の甘味を少し抑えた感じですが、木の実という感じの味がして、おいしい!
食感は、焼きぎんなんのように、表は固く、中はやわらかい感じでしたが、これは調理法によるかもしれません。

マテバシイの調理法を検索したところ、クックパッドにも掲載がありました☆

焼きどんぐりのほか、どんぐりクッキー、どんぐりコーヒーなどが挙がっています。

その他マテバシイについてはwikipediaなどもご参照ください。
↓↓↓   ↓↓↓
wikipedia
(画像クリックでwikipediaへ)

ちなみに、どんぐりクッキーは、別名『縄文クッキー』とも呼ばれているようです。

太古の人々も、この『マテバシイ』を食べていたのかなぁと思うと、壮大なロマンが広がります。

一般的などんぐりは、あくが強くてなかなか食べられませんが、『マテバシイ』は特にあく抜きも必要なく、ナッツ感覚でいただけます。

ご興味がありましたら、ぜひ『マテバシイ』を探してみてください♪

※ご注意…もし行かれる場合は※
・たくさんの方が利用される駐車場になりますので、他の方にご迷惑のないようになさってください。
・小さなお子様などは特に、お車の往来にお気を付けください。
・お店の駐車場になっておりますので、ぜひ店内で新鮮な生鮮食品などもご覧ください。お買い物時に駐車券を出すと、駐車代がお得になります!
・食べてみた結果についてのいかなる件については、交野タイムズは一切責任を負いかねますのであしからず。

交野タイムズ@ひふみ