江戸時代の後期(1843年)の観測以来、171年ぶりの珍しい「後の十三夜」の月が11/5(水)、日本各地で観測され、ミラクルムーンだ!と話題になってました。

「お月見」っていうのは、旧暦8月15日の十五夜=中秋の名月、旧暦9月13日の十三夜の通常は年に2回しかないのですが、今年はなんと3回もあったのです!

なので、ミラクルだということらしいです。

もそっと詳しく言うと、

旧暦では1年の日数は約354日。

現在の1年は365日。

旧暦を使っていた時代には「閏月(うるうづき)」を、約3年に1度挿入することで、季節のずれを調整していたんだそうで、旧暦のままでいくと、今年は「閏月」がある年となります。

9月の後にまた9月が来ることになるので、1年に2回、9月13日が出現することになるということなんだそうです!(11月だけど旧暦の閏月では9月ってちょっとややこしいですが…)

ミラクルムーンがあった翌日の11/6(木)。

交野市の夜空はお月さんの光がいつもより輝いてて、アフターミラクルムーンになってました。

IMG_0802

日が暮れてからすぐは雲は少なかったのですが、あれよあれよという間に雲に覆われた交野市上空。

それでもアフターミラクルムーンの輝きは強く、夜空にしっかりとお月さんの存在を確認したよって雰囲気です。

IMG_0800

余談ですが、青年の家の道のところにある木がイイ感じに紅葉しつつあって、さらにライトアップされているので、かなり秋っぽい感じになってます。

IMG_0803

今年はスーパームーンがあったりと月にまつわるニュースが多い年ですね!