今日9/8(月)は、中秋の名月。

images (1)


つまりは、十五夜のお月さんの日です。

いつの頃からこの風習があるのかは定かではありませんが、1つ言えるのはヒトが空を見上げたその瞬間からお月見は始まっているんじゃーないでしょうか。

今では、なんとか座流星群みたいにスターウォッチングが流行っているように、昔のヒトが月を観るのをちょっとロマンチックにイベントっぽくしたのが、この中秋の名月なのかもしれません。

お月見3点セット

①月見団子
②すすき
③里芋

月見団子は、穀物の収穫に感謝し、米を粉にして丸めて作ったのが起源。

里芋は、芋類の収穫を祝う行事でもあるため、里芋などを供え物にして、豊作なんかを祈ったりするのにマストアイテムなんだそうです。

じゃーすすきは?っていうと、これは、『稲』を表現しているそうです。

お月見の楽しみ方について、国立天文台に聞いた!2014年ならではの「中秋の名月」の楽しみ方@nanapiっていうのがありました。
↓↓↓   ↓↓↓
国立天文台に聞いた!


ちなみに来年以降の中秋の名月は以下の日程とのこと。

★2015年(平成27年) ⇒ 9/27
★2016年(平成28年) ⇒ 9/15
★2017年(平成29年) ⇒ 10/4
★2018年(平成30年) ⇒ 9/24
★2019年(平成31年) ⇒ 9/13
★2020年(平成32年) ⇒ 10/1

というわけで、曇りだったりのっぴきならない事情があったりして中秋の名月を観れなかったヒトは、来年にぜひぜひ☆=