私市植物園。空間デザインチームの作業場のほうに行ってみたら、お父さんとお子さんの姿がありました。

なんか作ってます!
PB232362

先っぽが尖ったベニヤ板を一生懸命、ノコギリでギッコギッコ切っていきます。
 
PB232367

少年にとっては、ノコギリを使う経験はあまり無かったのでしょうし、その小さな手に握りしめられたノコギリは、さぞかし重いのでしょう。

めっちゃ真剣です! 
PB232370

 ヒーヒーって言いながらも諦めず、ちょっとずつノコギリの刃は進んで行きます。
 
PB232374

あともうちょっとだ!とお父さんは少年を励まし、少年はそのあとチョットの先がなかなか見えなくて、ハーハー言いながら、そのゴールを確認しています。

PB232379

2人の手。偶然だと思いますが、さすが親子!息ピッタリで、お父さんの手には、息子のノコギリが握られているみたいになっていました。

親と子のシンメトリーだ!
PB232378

「あと、どれくらい?」

「もうちょっとや!頑張れ!」

PB232382

あっ!

PB232384

切れた!

そして、ハイタッチ!
PB232385

出来栄えはどーでしょう。お父さん!
PB232386

完璧な「矢印」がここに誕生しました。
 
PB232387

この矢印。アート作品じゃーなくて、

『トイレ』の案内看板でした!
PB232389
 
かたのカンヴァスの会場となる私市植物園(大阪市立大学理学部附属植物園)は、かなり広く、開催当日は、トイレの場所が分からなくなるだろうということで、この「トイレ矢印看板」が製作されたようです。

お疲れさまです!そして、矢印看板をありがとう!
PB232376

これで、当日、トイレどこだ!って迷うヒトは少なくなるんじゃーないでしょうか。

12/21(土)開催のかたのカンヴァス。

アート作品の出展なんかも多いみたいですが、こーした案内板1つとっても手作りで、それが完成するまでには、人知れず、誰かが一生懸命に作業されているんだなと改めて感じた次第です。

かたのカンヴァスの準備や作業には、多くのご家族がサポーターとして参加されています。

一緒になってカタチを作っていく作業。そこには、親子の絆がありました。