唐突ですが、

飛燕

ってご存知です?

中華料理の名前ではありません。

飛燕(ヒエン)とは、第二次世界大戦中におよそ3000機ほど生産された日本軍の戦闘機の名前で、正式名称は、三式戦闘機。米国からは、通称「トニー」と呼ばれていました。

ゲームやプラモデルなんかでもチョイチョイ登場する戦闘機ですので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな、三式戦闘機=飛燕。もといトニーが、交野市が誇る北河内最大級の総合スポーツ施設である、

スタードーム

に厳かに展示されています。

ドームの正面エントランス
PB041167

エントランスホールの中ほど。交野マラソンがメッチャある壁のすぐ横に、飛燕は展示されています。

PB041168

頑丈なアクリルボックスに格納されています。

PB041133

エンジンや、

PB041134

プロペラ

PB041138

機関砲

PB041143

などのトニーさんの残骸が、展示されています。

特にそのエンジンがスゴイ! 

エンジン
PB041157

外観もさることながら、部品がものっスゴイ精密なんです。

どれくらいかっていうと、

こんな感じ!
PB041153

PB041154

PB041156

このエンジンは、当時としては珍しい冷却エンジンという仕様だったようで、降下制限速度は、850km/hとあの有名なゼロ戦よりも速かったそうです。

しかし、何故、スポーツの殿堂。スタードーム(いきいきランド交野)に飛燕という戦闘機が展示されているんでしょーか?ということについては、この展示コーナーに詳細が書かれていました。

新聞記事も掲示されている!
PB041135

展示パネルもあって、「交野で発掘された出土品(飛行機の残骸)」というキャプチャーで、説明されています。

PB041141

新聞記事や展示パネルを読んでみると、第二京阪国道建設時に、星田のほうでこの機体は発掘されたとのこと。そして、60年の年月を経てその姿を現わしたとのことです。

60年間もここ交野の地に眠り続けていた、戦闘機。

今は、ここスタードームで、いきいきとその姿を観ることができます。

飛燕について、もっと詳しく知りたい!っていうヒトは、wikipediaにこれでもかっ!っていうくらい詳しい解説がされていますので、そちらもぜひぜひ☆=

wikipedia
ヒエン@wikipedia
(画像クリックでwikipediaへ)


でもやっぱり実際に観にいってみてください!

 
大きな地図で見る