PB041425

夕闇が迫る頃。交野の野山と空のコントラストがスゴイことになります。

緑から黒へ。紅葉のシーズンなんかは、赤や黄色から黒へとその姿が変化します。

そして、空が黄金色になって、その日の最後のグラデーションのピークに達したら、夜が来て、山々は眠りにつくのです。

そのサイクルが、人知れず毎日あって、同じ景色は二度と観れないことでしょう。

瞬間瞬間に目に映る「あぁ。いいなぁ」って思う景色。交野には沢山あります。

 
大きな地図で見る