優しい光が差し込むオシャレなカフェ

カフェの奥には芝生のフリースペース

そんなココは……英会話教室!?

今回やってきたのは…

元・新聞屋さんをリノベーションした、

スマイル英会話 カフェ&スクール

さんです!

今回はこのリノベを手掛けたgreen建築工房の軽部さん(右)とスマイル英会話のシズカさん(左)にお話を伺いました。

green建築工房さんは交野市のおとなり、枚方市にあるお家のリノベーションが得意な工務店。

ホームページはこちら

これまでにもひらつーでいくつもリノベーション事例をご紹介しています。
green事例

現在、オンラインで受けられるセミナーや個別相談会が開催中
公式サイトのイベントページや、姉妹サイトのひらつーでも詳しく紹介しています。

事務所は京阪枚方公園駅から徒歩4分の鍵屋別館3F。
換気やアルコール消毒も常備されていて感染症予防対策もされています。

お問い合わせは、こちらのメールもしくは電話でお気軽にお申し込みください!

☎ 072-396-5509

それではさっそく色々とお話を伺っていきましょう!

▶ 職人さん泣かせのコダワリ

― ここは英会話教室ですか…?見た目は完全にカフェですね!

シズカさん

英会話スクールをやっているので、せっかくならカフェ作っちゃえって感じで。

― ここは英会話スクールの生徒さん専用のカフェなんですか?

シズカさん

それもまだ決めてないんですよ。

ノリで作った感じなので(笑)

軽部さん

私も最初は何ができるのかわからなかったです。

出来上がってようやく英会話スクールとカフェっていうのがわかったんですよ。

― あ、作ってる途中はまだ何になるかわからなかったんですね(笑)

シズカさん

なので一緒につくり上げた感じですよね。

やりたいことがたくさんあって、それを追加追加でお願いして気付いたら最終的にこのカタチに。

― そうだったのですね。このカウンターもすごくオシャレですね。

軽部さん

これは桜の木の一枚板です。

今回、色にコダワリがあったので桜を使いました。

上部も同じ自然塗料を使って色を合わせてます。

※英会話カフェ担当のみどりさん(左)
みどりさん

ここのカーブもすごくこだわってくださって、一度上部の木を張ってくださったんですけど、どうしても納得いかないということでやり直されてました。

― あっ、軽部さんがですか!?

軽部さん

そうなんです。

イメージがちょっと昭和のカフェみたいになってしまったのでやり直しました。

でも大工さんも「これちょっとアカンなぁ…」という感じだったので。

― ではこうして張り替えてみて仕上がりはどうですか?

シズカさん

パーフェクトですね。

職人さんが苦戦してるのを見てたから、本当にキレイに仕上げて頂いて。

― 壁紙ではなく、木を張り付けてあると雰囲気が全然違いますね。

軽部さん

やっぱりガラス張りで外から見える部分だったのでコダワリたかったですね。

― カフェの奥が芝生になっているんですね!これはどなたのアイデアなんですか?

軽部さん

これは悩みに悩んで…誰のアイデアでしょうね?

シズカさん

何度も打ち合わせを重ねて、いつの間にか決まりましたよね(笑)

軽部さん

シズカさんのビジョンがありすぎて。その中で芝生が出てきたみたいな(笑)

シズカさん

それでテキトーに図面で絵を描いてこんな感じで!って渡して、この曲線もそのままカタチにしてくださいました。

職人さん泣かせのカーブですね(笑)

― 芝生のスペースが手前まであることによって雰囲気が変わりますね。

軽部さん

ここはカフェ側でも腰掛けられる高さにしてあるんです。

座り心地もいいんですよ。

カフェとの間はガラス戸で間仕切ることができます。

― あっ、扉がちょうど芝生の高さに合わせてあるんですね!

シズカさん

奥は教室としても使うので、ちゃんと空間が分けられるようになってます。

キッズのクラスはこの1階で開いて、お母さんはカフェで待ちながら子どものようすを見れるように。

― 教室として使ったり、コミュニティとして使ったりできるんですね。

軽部さん

この壁のものも見てもらいたいんですが。

― これはなにやらオシャレなボードですね。

軽部さん

これはDIYイベントをした際に窓を埋めたんです。

DIYイベントのようす。

― えっ?窓を無くしたんですか!?

シズカさん

ここに元々窓があったんですけど、無くしたいって言うのが遅かったんですよ。

それでDIYのときになんとかしましょうって言ってくださって。

みなさんで端材を使ってめっちゃオシャレに仕上げてもらいました。

意味は『枠から外れて物事を考えろ』
シズカさん

あえて枠から外して木を貼られたので、このフレーズがピッタリと思ってこの文字を入れました。

― おぉ…カッコいい!!ここの階段もスケルトンでオシャレですね。

シズカさん

階段の位置は変えてないんですけど、急だったので段数を増やして緩やかにしてもらいました。

それで1段目と2段目はそのまま棚としてもイスとしても使えるようになってます。

ここはもう軽部さんのコダワリですね!

軽部さん

腰掛けられる高さになってますし、子どもたちはこっちからでも登れるようになってます。

今日はちょっとオシャレに飾ってますけど(笑)

シズカさん

スクリーンがあるので、みんなで鑑賞会するときには階段が観客席になるんですよ。

― このイスになってるボックスは手作りですか?

軽部さん

これもDIYイベントのときにみんなで塗って作ったんです。

シズカさん

これはイスとしても使えますし、芝生に座れば机としても使えます。

軽部さん

これは2つの箱を組み合わせてまして、人数が多い時は2つに分けて、普段はひとつにまとめて省スペースにできるようになっています。

シズカさん

普段使わないときは壁側にベンチのように並べておいて、必要なときは出してきて使ったり、必要に応じていろんな使い方ができるんですよ。

重なっていた箱をスライドすると、2つの箱に分けることができます。

― すごい…誰がこんなアイデアを出すんですか…!

軽部さん

これはgreen建築工房のスタッフみんなで考えました。

シズカさん

2階の教室の机も作ってもらって。いろんな無茶ブリを全部叶えてもらいました。

「こんなんできますか〜」ってテキトーに言ったやつが全部カタチになって返ってきましたね。

こちらが2階の教室。

六角形の変わったカタチの机が置かれていますが…

ちなみにこちらで英語を教えておられるデイビット先生は、実は過去に姉妹サイトひらつーのヒラカタがおにも出演されています。

― 最初にリノベーションをしようと思ってから完成まではどのくらいの期間だったのですか?

みどりさん

だいたい7〜8ヶ月ぐらいですかね。

何度も何度もお会いして打ち合わせを重ねました。

シズカさん

図面は全部で5回ぐらい描いてもらいましたね。

― リノベをしようとなって、green建築工房さんにお願いしようと思ったキッカケはなんだったんですか?

シズカさん

前々から気になっていたんです。

でも勝手に高いだろうなと思って他で探していたんです。

そしたらみどりさんが「green建築工房さんにしない?」言ってきたんです。

みどりさん

私は私でネットで調べていて。

互いにgreenさんが気になってたんだよね。

― お二人とも別々にgreen建築工房さんが気になっていたんですね!

全体
green建築工房のみなさん
シズカさん

それでこの場所で初めてお会いして。

元の古い内装を見て、ココが本当にオシャレになるのかっていう不安はあったんです。

でもお話を聞いて、「これは間違いない!」と思って即決しました。

― そうだったのですね。5回図面を描いてもらったということですが、毎回「ここをもうちょっとこうして欲しい」という感じで進んでいったんですか?

シズカさん

私たち以上に軽部さんのほうがそう思ってたと思います(笑)

階段下にはシューズクローク

― えっ!?そうなんですか!?

シズカさん

私たちは毎回「いいですね!」って感じだったんですけど、まだどこか満足しきっていない部分が私たちよりも軽部さんのほうが大きかったのかなって思います。

― 軽部さんのデザイナー魂が燃え上がったんですね。

軽部さん

火が付きましたね(笑)

みどりさん

一番迷われたのがキッチンの位置かなと。

奥側にキッチンを置く予定だったんです。

― キッチンの場所が全然違ったのですか?

みどりさん

場所は決まっていたんですけど、どうしても納得がいっていなかったみたいで。

すっごい悩んだって言ってました。

それで最終的にそこに持ってきてもらいました。

シズカさん

最終図面もらったときに、その図面に上から無理やり追加してましたもんね。

「ギリギリ変えました」って言って。

軽部さん

設計士的にはやっちゃダメなんですけど…(苦笑)

でもキッチンが暗い場所にあったり、英会話がメインなんですけどカフェっていうのも大事にされていて。

それをわかっていたのになんか散らばってしまっている気がしていたので。

それで今までの話を引っくり返しちゃう提案だったんですけど、「いいじゃん!」って言ってくださったんです。

― その軽部さんの提案を聞いて「やっぱりコッチのほうがいい」となったのですか?

シズカさん

もう即決で。まぁ毎回「いいじゃん」って言ってたんですけど(笑)

でもさらに想像を超える提案だったので。

私たちもなんとなくのイメージしかなかったので、LINEでいっぱいイメージを送りつけてほぼ丸投げでした(笑)

それをすべてカタチにしてくださいましたね。

2階奥の事務所スペース

― では完成までは紆余曲折があったのですね。

シズカさん

そうですね。でも一緒に作り上げてる感じがして楽しかったですね。

現場で職人さんがいつも「これ軽部ちゃんのアイデアやろ!大変やねん!」って言ってるのを横で見て喜ぶみたいな(笑)

軽部さん

裏側ぜんぶ見られてたんですね…(笑)

― でもそれは良い関係性ですよね。

シズカさん

職人さんも楽しいって仰ってたんですよ。

軽部さんが持ってくるものはいつも挑戦できるから、出来上がったあとの楽しみがあるって。

なんだかんだ言ってみなさん楽しんでたのが面白かったです。

みどりさん

職人さんもみなさん穏やかで良い方ばかりでしたよ。

階段もすごく悩まれて。

階段の工事のために半月ぐらい?かかってたのかな?

シズカさん

階段がなかなか入ってこなかったんですよ。

職人さんが「ここ軽部ちゃんのアイデアやろ?全然入ってこーへんねん」って言って(笑)

軽部さん

特注だったので…(苦笑)

階段ひとつ考えるにしても、腰掛けて会話できるようにしたり『コミュニティ』というキーワードはずっと考えてましたね。

こんな風に新しいコミュニティができるんやっていうのは私も勉強になりました。

みどりさん

この前のイベントのとき、この芝生に座ってくつろいでほしいなと思ってたんですけど、何も言わずともみなさん自然に座ってくれてビックリしましたよ。

― 紆余曲折を経て完成したこの新しい教室を見て、感想はいかがですか?

シズカさん

つくる過程も見ていたのに毎回驚かされるので。

想像は完全に超えてますね。

みどりさん

本当に小さいことまですごくコダワッてくださって。

私たちの強いコダワリにもすべて応えてくださいました。

レッスン中のデイビット先生

― ではもうちょっとこうしてほしかったということは無いですか?

シズカさん

無いですね。

逆に私たちが軽部さんにもうちょっとこうしてくださいって言われそうというか…

カウンターもっとキレイにしてくださいとか(笑)

頑張ってキレイな状態を維持したいです(笑)

― では最後に読者さんへ向けてメッセージをお願いします。

シズカさん

リノベ考えておられる方はもう絶対green建築工房さんオススメです。

想像を超えてくれるってなかなか無いと思うので。

生徒さんとかもここを見て「もっと早くgreenさんを知ってたら…」って仰ってて。

私たちは本当に満足で、デイビットも最近「green!green!」って言ってますよ(笑)

これで終わりじゃなくて、この先もずっと繋がる関係性ができたっていうこともすごい経験の財産だなって思いますね。

みどりさん

このまえ娘とも「greenさんって日本一よね」「いや、世界一よ」って話をしてました。

ぜひリノベを考えておられる方がいらっしゃったら本当にgreen建築工房さんをオススメします。

スマイル英会話のみなさん、ありがとうございました!


いかがでしたか?
コダワリをしっかり聞いてくれて、ちょっとの妥協もせずに理想のリノベーションを作り上げてくれるgreen建築工房さん。

お金は抑えたいけどオシャレなお家に住みたい!という方は、ぜひ一度green建築工房さんに相談してみてはいかがですか?

優しくて喋りやすいスタッフさんたちが親身に話を聞いてくださいますよー!

お問い合わせは、こちらのメールもしくは電話でお気軽にお申し込みください!

☎ 072-396-5509

電話
072-396-5509 
受付時間
平日9:00〜20:00 
24時間対応お問い合わせフォームはこちら
住所
枚方市堤町10-24 鍵屋別館3F

green建築工房 公式HP 

Sponsored by green建築工房

広告についてのお問い合わせはこちらから!