苔のロゴ

平安時代には、交野ケ原と呼ばれたこの土地は当時、貴族の狩猟の場、リゾート地であった。

さらに遡ると古代の時代からこの地はあって、人々の往来があった交わる野であった。

今なお自然が色鮮やかに残る大阪府交野市。

里山に一歩踏み込めばきっと木々の、岩々のところの、いろんなところでこの存在と出会うことでしょう。


我れは、交野で悠久の時代から脈々とこの地で育つ、偉大な植物「苔」を『Mega Moss』として、賛美する。

朝、交野山から登る太陽の木漏れ日で目覚め、夜、妙見山から登る月光の下で眠る。

交野の苔をあなたへ。


Produced by 太陽と月の下ガーデン(Sun & Moon)

ウェブサイト準備中!