ひらかたもより市っていうのが京阪電車の枚方市駅構内に昨年2018年12月15日に無印良品デザインでオープン。

京阪電車と無印良品がコラボした駅ナカ商業施設が新しくできています。

枚方市駅構内自体も無印デザインでリニューアルしてこれは世界初の無印デザインの駅なんだそうです。




IMG_9220

交野線のホームから降りてすぐ、アンスリーがあったところにできています。

IMG_9236

IMG_9237

IMG_9213

ひらかたもより市
IMG_9215

店舗の字体や内装、全体的な雰囲気も無印感がめっちゃあってどことなくほっこり落ち着きます。

IMG_9225

IMG_9224

店内にはちょっとしたスーパーみたいな感じ、無印良品の商品も取り扱い、地域食材や焼きたてパンがあったりお惣菜があったりイートインコーナーがあったり、お土産にちょうどいいじゃーん!っていうのがあったりしてコンパクトな空間にギュギューっといいところてんこ盛りになっています。

IMG_9234

ベーカリーではガラス越しに作っているのが見えます。

ここで作られたベーカーリーはもより市で販売されるという仕組みのようでリアルタイムでクイックレスポンスな対応がされているようです。

まさにできたてホヤホヤのがお手元に届く素晴らしい展開です。

IMG_9235

IMG_9216

お正月限定で交野市が誇る地元酒蔵の山野酒造の振る舞い甘酒が無料配布されていたようです。

山野酒造さんの甘酒
IMG_9230

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

地元、交野の山野酒造の甘酒(交野桜・純米吟醸)はいかがでしょうか。

昨年12月に絞りたての酒粕の


と書かれているミニコーナーができていましたが、既に全部なくなっていました。

隣まち枚方市のことではあるんですが、京阪電車をご利用で大阪、京都方面などにお越しの方は必ずここを乗り換えで通ると思いますので交野タイムズでも枚方もより市について少しお伝えさせて頂きました。

ちなみに、枚方もより市についてはひらつーさんで詳しく紹介されているのでそちらをご確認くださいませ。

今回の山野酒造さんのケースのように今後おそらく交野の特産品等も出てくるかと思いますので、興味がある!っていう方はぜひぜひ。

(枚方市駅リニューアルと枚方もより市については京阪電車のプレスリリースに掲載されていてまだ行ったことがない!っていう方でも分かりやすくこのことについて知ることができるのでそちらも合わせてどうぞ)