アベノマスクなんていう名前がついていたりする国から全国の世帯に向けて一住所あたり2枚のマスク配布が4月7日に閣議決定されて1ヶ月半ほど経ちました5月中旬。

交野市内でも順次、配布が始まっています。

ブロローと郵便配達のバイクが家の前にとまってポストに何か入れて行ったと思ってポストをみたら入っていた。

とか

家に帰ってポスト見たらあった

とかで交野市内でも布製マスクの配布が始まりました。

5月17日(日)くらいから私部、私市などでマスクが届きましたなんていう話が出てきているので、すでにマスクがポストに入ってた!なんていう交野にお住まいの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

まだ着てないぞ!っていう方ももうそろそろだと思います。

届いたマスクはこんな感じ
IMG_1481

ニュースなどで配布されるマスクのパッケージデザインなどはよく見ていたので、ポストを見たら入っていて、あっ!入ってるやん!ってなりました。

開封すると表面には3つの密を避けましょう!というお知らせ文章、そして裏面にはみなさまへから始まる文章が掲載。

表面
IMG_5365

裏面
IMG_6115

表、裏面はニュースとかでなんとなく書いてることはイメージしていましたが、この紙は中ページもあって計4ページで構成されていました。

マスクは再利用できる / 日常生活で気をつけること
IMG_6787

中を見てみると、左面には同封されている布マスクの洗い方、洗濯回数やその他注意書きが、右面には新型コロナウイルスを防ぐには?という見出しで手洗い、人混みは避けるなどの生活で注意しておくべきポイントと正しいマスクの着用方法がイラストで紹介されていました。

それぞれ下段にウェブサイトのURLとQRコードもあって、特にスマホをお持ちの方はカメラ機能からQRコード読み取りですぐに厚生労働省の該当ウェブサイトへアクセスできるかと思います。

スマホでQRコードスキャン
IMG_8959


厚生労働省のページへ
IMG_8960


マスクの中はこんな感じで、丈夫そうなガーゼが間に挟まれているような構造。

IMG_5833


実際につけてみての所感ですが、布製マスク以外のマスクに慣れてしまっていることもあり、若干大人(男性)にとっては小さめかもしれないなと感じました。

ただ、お子さんにはちょっと大きめ?かもしれませんが、先週くらいから地元のスーパーマーケットなどでノーマスクのお子様の姿が多い印象を受けているので、届いたマスクが使用できればノーマスクよりはいいのではないかしらと思います。

(もちろん大人でも使えるマスクです)

とうわけで、大阪府交野市にお住まいの方!

布製マスクはそろそろご家庭に届く頃になってきていますよ。