それは戦国時代、織田信長が天下布武の元、天下統一に向けて何やかんや頑張っていた時代、ここ大阪府交野市にもお城がありました。

その名も

私部城
(きさべじょう)

室町時代永禄8年(1565年)頃に安見右近によって築城された城で、現在、大阪府内で唯一現存する貴重な平城(大阪城とか名古屋城とかの何層にもなっている城ではなく砦みたいな戦国初期のお城)です。

私部城についてはこっちの記事とかをご確認いただくとして、その私部城に最近、新しく看板ができたようです。



私部城の跡地は交野郵便局近くの道沿い、交野市私部6丁目、バイク屋さんのばいくらんどさんの前に広がっています。

パッと見では、畑とかある所なんかなぁなんて思ったりしますが、今でも交野城の名残があって、畑の奥側にちょっとこんもりしてる部分がかつての城の名残としては明確な所です。

IMG_9763

これはただのブロック塀で、お城の石垣ではございません。

私部城の名残は、このブロック塀の後ろ側に広がります。

これはただのブロック塀だぞ!気をつけて!
IMG_7374
(うへぇ〜立派な私部城の石垣が残っているなぁ・・・なんて感傷に浸ったりしたらとんだ赤っ恥をかくことになるので、ご注意。しつこいようですが、これはただのブロック塀です)

写真中央の土手みたいな所が名残
IMG_4922

築城が1565年頃とのことなので、今から455年前には確かにここら辺りに安見右近が築城した私部城(交野城とも)がありました。

IMG_3713

で、地元では知っている人はここに私部城っていうのがあったんだぞ!

って分かるんですが、知らない人も多くいらっしゃる&2018年に私部城跡が交野市の市指定史跡になったこともあり、今後ますます認知度を高めていきたい!という想いや末長くここを残していきたい!という志などが地元で活発になってきているということもあり、今回新しく看板ができた背景もきっとそういう点なんだと思います。

最近できた看板がこちら!

1)道路沿い

まずは、こちら。道路沿いにパンパカパーン!と看板ができました。

IMG_3477

もう見るからにお城だぞ!っていう字体で「交野市史跡 私部城跡」という看板ができました。

とても立派な看板
IMG_3573

道路沿いに幅5メートルくらいでしょうか、横長の大きな看板ができました。

IMG_4312

それから今回新しくできた看板はもう1つあって、こっちはもっと素敵です。

2)土手の所に案内板ができてる

バイク屋さんのばいくらんどさんの道向こう、さっき、お城の石垣ではなくブロック塀だとご紹介させていただいたところに階段があって、そこを登ったらもう1つ看板があります。

IMG_7261

私部城跡についての案内板
IMG_5702

交野市指定文化財(史跡)私部城跡って書かれた案内板があって、そこに私部城の歴史などが書かれています。

この看板だけでも、ここにかつて私部城があったのだな!と分かるようになっていて、周囲の風景から当時の景色を想像したりするには大変もってこいなものになっているんですが、さらにおおー!ってなったのは看板設置場所が「当時の何処だったのか?」まで把握できるようになっている点です。

看板に書かれている説明書きは下記の通り。

交野市指定文化財(史跡)
私部城跡

私部城は戦国時代に築かれた河内の武士・安見氏の居城です。

当時は交野城の名で知られ、織田信長に味方して戦いました。

城は本郭・二郭のほか曲輪(くるわ)群からなる連郭式の平城です。

本郭は、東西約50メートル、南北約60メートルの方形で北側の半分は一段高くなっています。

西側の二郭は東西約50メートル、南北約100メートルの長方形で、北側は道路によって分断され、「天守」と古くから呼ばれていました。

東側の三郭は東西約30メートル、南北約60メートルですが、すでに宅地化されています。

曲輪の周囲には堀が多くめぐらされていました。

田畑や池として現在もその一部が残っています。

大阪府内では遺構を地上に残す戦国時代の平城はきわめて少なく貴重な史跡です。

令和2年2月
交野市教育委員会

IMG_3995




看板には私部城の当時の外観図も描かれていて、そこに★マークがついてます。

それが、この看板が設置されている場所を表していました。

IMG_2091

*厳密にいうとこの案内板はリニューアルされたようです。新しくなる前までは平成21年11月の日付でここに私部城の案内板がありました。



交野市内にはたくさんの看板がありますが、ここ私部城跡に新しくできた看板はそれらの中でもトップクラスに有意義な看板なんじゃーないでしょうか。

皆さんも近くに行った際はぜひこの看板を見て、それから今でもその名残を残す私部城跡を観て、悠久の時の中で今なお息づく歴史の存在を感じてみてくださいませ。

ちなみに、この案内板は、交野市古文化同好会さんが寄贈、パネル作成は交野市教育委員会さん、私部城のイメージ図は山本ゾンビさんということも記載されていました。

余談ですが、私部城は当時、重要なお城であったこともあって、人気ゲーム「信長の野望」にも交野城として登場しています。