交野市内の倉庫を無許可で改装→ペット火葬場を営業していた元経営者の男性が都市計画法違反の疑いで書類送検されたそうです。

ペット火葬場を無許可営業 元経営者を容疑で書類送検 大阪・交野

スクリーンショット 2018-09-27 0.04.38
(画像クリックで産経westの記事へ)

ペット火葬場は、星田の土地の開発や建築が制限される市街化調整区域で倉庫を火葬場に転用していたということで、それが都市計画法に違反していると判断されているようです。

市街化調整区域とは、ざくっと言うと市街化を抑制すべき地域ということで家を建てたりしたりすることに制限がある地区。

Wikipediaによると、
この区域では、開発行為は原則として行わず、都市施設の整備も原則として行われない。

つまり、新たに建築物を建てたり、増築することを極力抑える地域となる。

ただし、一定規模までの農林水産業施設や、公的な施設、および公的機関による土地区画整理事業などによる整備等は可能である。

既存建築物を除いては、全般的に農林水産業などの田園地帯とすることが企図されている。

Wikipediaより一部引用・抜粋
とのこと。

農業用の倉庫=農林水産業施設ということになるんでしょうが、ペット火葬場=農林水産業施設にはならないので、制限がある地域で勝手に営利目的で、無許可で制限を守らない展開をされることがNGとなるようです。

緑が多く、自然環境も街中でもまだある交野市なので、個人的には制限・ルールがある所は緩和せずビシーっとそのままに自然的な環境や地域はどんどん守ってほしいなぁ、制限も比較的ガチガチにしちゃってもいいんじゃーなかろうか?など素人発想ですが、そう思う次第です。