皆さんご存知の「交野の大黒さん」こと槃若寺。

P1020286

8月26日、地蔵盆に行ってみた!

まず、地蔵盆ってよく聞くけど実際にどんな意味か?と考えるとちょっと説明できないなぁと思い、広辞苑(第六版)をみてみると・・・

地蔵盆とは

京都で、8月(古くは陰暦7月)23・24日の地蔵菩薩の縁日に行う会式。各地にも、この日、児童が石地蔵に香花を添えてまつる風習がある」行事

のことだそうです。

交野の街なかにも至る所に地蔵菩薩が祀られています。

その労に感謝し、人々の安寧を祈願するお祭りが地蔵盆ということになります。

P1020267
地蔵盆のために祭壇に飾られたお地蔵様

P1020265
「地蔵尊」と書かれた提灯

槃若寺の地蔵盆では、般谷日勇住職による祈祷に加え、参拝に訪れた子どもたちにお菓子を振る舞われ、先祖の追悼を込め加多廼家延州(かたのやえんしゅう)一門による河内音頭が執り行われました。

P1020282
子どもたちに配るお菓子の山

P1020332
般谷住職らによる御祈祷

P1020482
祈祷後の様子

P1020508
加多廼家延州一門による河内音頭は夜9時まで続きました

地蔵盆を知らせるポスターに「当日はお菓子持参」と書かれていたので、少しばかりですがお菓子を持っていきました。

すると、槃若寺さんのご厚意で交野タイムズと英語で交野のことを紹介するウェブサイトI Love Katanoが協賛団体として、般谷住職の祈祷文の中で紹介されました。

般若住職、並びに関係者の皆様ありがとうございます!

P1020299-2
協賛団体の名前一覧

P1020299-2 (2)
交野タイムズとI Love Katanoが紹介されました

地蔵盆当日はとても暑い日でしたが、厳かで幻想的な雰囲気の中で、地蔵が幾分微笑んでいたように感じました。