大阪府交野市私市(かたのし きさいち)にある地元では私市植物園の愛称で親しまれている

大阪市立大学理学部附属植物園
e10b2fc1-s

甲子園球場のおよそ6倍もの敷地を誇る植物園で、自然のままの感じで日本中、世界中のいろいろな植物を観ることができるところです。

最近では植物園メイト制度っていうのも導入されたり、交野市と業務提携されたりと交野にお住いの方にもますます魅力いっぱいの大自然溢れるフィールドで、園内には様々な動物もいるようです。

以前、野生のキツネが出たみたい!とお伝えしましたが、

また、出たみたい!

植物園のフェイスブックで投稿がありました。

前回は池で鮒を捕まえていたなんていうことでしたが、今回はヒョッコり広場に登場みたいな感じでかつビシッとカメラ目線をされているので、キツネの特徴がすごく分かる写真が掲載されています。

昭和25年に植物園が出来て以来、その自然環境はほぼ当時と変わらないと思うので、昔から交野に住んでいたキツネの一族がずっと世代交代しながらここ生活されているんだと思います。

交野市内で野生のキツネを見かけるのはほとんどないので、交野にキツネがおる!ってなんだか不思議な感じです。

植物園には野生のリスやウサギなんかもいらっしゃるようで、野生動物で警戒心が強いのでなかなか出会うチャンスはないかもしれませんが、見掛けたらそっと見守りつつ植物園の環境の素晴らしさを実感してみてくださいませ。

ちなみに植物園に行ったら落ちている松ぼっくりを観察してみてください。
りんごを食べたみたいになってるボックリがあったらそれはきっとリスさんが食べた痕跡です。

私市植物園のワイルドライフ。

なんだかほっこりしちゃいます。