ゴールデンウィークが明けて

しばらくしたある日

曇り空から青空が見えた頃

11PHOT0058

倉治にあるビニールハウスに行ってきたんです。

そして

交野の地に赤い奴が!!

とういう事で

交野で素敵な農園を営んでいるとの情報を頂いたので早速行ってみました。

そこは、「大矢農産」と言う若手が担う農園がありました。

大矢農産 Facebookページ
https://www.facebook.com/oya.nosan/
大阪府交野市倉治2-26
(農地に正式な住所はございません)

その代表の大矢耕平さん
(27歳…伺った日が誕生日というミラクル!)

11PHOT0010

25歳の時にサラリーマンから農家へ転身

都市近郊農業の未来を交野から発信!

と、目指すは全国へ!

もう考える事が凄いです!

で、その農園ではトマトを栽培

実は・・・

僕、トマトを食べるの見るのもダメで嫌いなんです・・・
(本当すみません〜)

で、勇気を振り絞りビニールハウスへ・・・
(この時点で凄いんですよ!)

ババーン!!
11PHOT0001

まだ、緑のものが多い状態ではありますが下の方には真っ赤なトマトが出来ていました。

11PHOT0025

ピッチピチで新鮮なトマト
11PHOT0054

11PHOT0038

色んな特徴のあるトマトを作っていて、お酒に合う!?トマトだったり

フルーティーなトマトだったりと、色んなトマトがあるなんて知らなかったんです。

で、ある種のトマトの糖度が高いもので9度だったりします!

糖度9度っていうともう、フルーツです。

でも

最近では、糖度が高いものが流行ったりしていますが糖度が高い=栄養価が高いわけでは無いそうです。

逆に今後は、少し糖度を抑えてさらに栄養価が高く、本来の力を発揮するトマトを目指すそうです。

11PHOT0003

11PHOT0047

そんなトマトは、枚方T-SITE B1F 青果店「ころくや」さんで販売されています。

また、大矢農産さんでも直売が始まったそうです!

Nagomi Tomatoお徳用大袋500円 (9:00〜12:00※売り切れ次第終了)
〜12日(土)・13日(日)はお休み〜

ただ、まだ収穫が始まったばかりなので数が少ないそうですが、これからどんどん増えてくると思いますし、今後は、公式のHP・ECサイトが出来てさらに情報発信も多くなると思われますので

要チェックですね!

というわけで、交野でめっちゃ頑張ってらっしゃる若手農家のホープ!大矢さんの作るトマト!
ぜひぜひ。

山田@交野タイムズ

【交野さんぽ】
フォトグラファーとして活躍している山田@交野タイムズが写真で語る交野。

いろいろな視点から交野の魅力をお伝えします。

46
(画像クリックで「交野さんぽ」へ)