0_タイトル03

青年は近くにあった枝を手に取る。

見た目より若干重い。

湿っているからだ。

青年はそういえば、と思い出す。

昨日家に帰る途中突然、雨が降り出したのだ。

家のすぐ近くまで帰宅していたため、走ったお陰で余り濡れなかったので覚えていなかった。

濡れている枝は余り燃えない。

サバイバルのプロでは無いが、ある程度は学んだので、そのくらいの事は分かる。

焼けるかもしれないが、美味しいものは出来ないだろう。

さてどうしたものか。

青年は辺りをうろついて乾いた枝を探しながら考える。

文明の利器に頼っても良いけど、流石に焼く事は枝を集めてしたい。

だが、枝は濡れていて余り燃えない。

「どうしたものか」

そう呟いた時だった。

青年の視界には、枯れた立木が目に入った。

「これだっ!」

一人の時は基本無口でテンションも変わらない青年だが、今回ばかりは嬉しくて声を上げた。

枯れた立木の枝は、地面に落ちている枝に比べて湿っていない。

青年は少し笑みを浮かべながら枝を取った。

それからある程度の量を集めた青年は平地に戻り、枝を組み始めた。

満足のいく出来に仕上がると、石で作った䡎に百均でかったボウルを置く。

そこに細かく磨製石器で切った人参を投入。

枝を燃やす。

03日曜原始人02

適当なタイミングで人参をひっくり返したりしていると、良い塩梅に出来上がった。

皿に取り分け、ボウルを横に置く。

次は肉だ。

ささっと串に肉を刺すと、肉が炎の上になるように斜めに地面に刺す。

8本を、炉を取り囲むかのようにして並べたその光景は壮観だ。

良い感じに焼けて、脂が落ちた時だった。

青年の腹は食べ物を求める音を発した。

青年は手を合わせて呟く。


「いただきます」

==つづく==

<日曜原始人>
中学生になった原始人、こども2が交野を舞台に描く小説。

2996b9d5-s

日曜原始人

主人公は子ども2のようですが、24歳という設定のようです。

前回までのあらすじはこちら
↓↓↓   ↓↓↓
0_タイトルBN

(画像クリックで日曜原始人一覧へ)