星田妙見宮の七夕祭りに行ってみた!後編です。

前回までの続きはこちら

dc7d73d0

交野タイムズのムラカミと偶然に出会ったので、一緒に行動を共にすることに。

ちょうどそのころ、巫女さんの舞が!
 
花湯神楽というそうです。 




おごそかな舞い…
境内の空気が凛となりました。





お次は、奈良県室生市からのバンドマナナさんの楽器演奏と、京都からの奉納舞踊家・水野永子さんによる舞い!








緑の中のステージで、祈りをささげるように、なめらかな動きで美しく舞われる水野さん。
 
そのお姿は、天から舞い降りた天女のようでした。

そして!

七夕と言ったらやっぱり書きたいのは

短冊でしょ!
 
受付にて300円で購入。

たんざく 
なんと、5枚セット!

たくさんの願いを叶えてくれるんですね!
 
さすが、星田妙見宮。

太っ腹です!

織姫ちゃんに見守られつつ、勝手に交野タイムズ代表として、勝手にお願い事をしたためました!
 

笹にくくりつけるムラカミ

同じくひふみ

気になるその内容を、こっそり公開!

まずは黄色い短冊のムラカミの願いは…

え!

ちがうちがう!

色が同じだったので撮り間違えました!

気を取り直し、ムラカミの願い。
『いろいろな不思議が発見できますように!』

「交野のナナ不思議」シリーズをはじめ、交野の様々なフシギや謎を追い求めるムラカミらしいお願いごとです☆
 
ひふみの願いはこちら。なぜか2枚使い。

左は。
タイムズコアマニアならご存じ、「忘れ物」シリーズ!
 
あれは書くのが楽しい…とライターの間で密かな人気を誇っています。
 
落とされた方はお困りになるであろうに、落とされたご本人以外の読者にとっては何のメリットもないシリーズではありますが、タイムズらしさの濃いシリーズなので、おもしろい落し物を要求してみました。

右は。
タイムズのいちファンとして、ハラダ編集長が交野にいないのはやっぱりさみしいので、思わず願ってみました。
ハラダ編集長、来月ぐらい急に辞令交付があったらごめんなさい!(笑)

残りの2枚はそれぞれ家族の健康を願い、真面目にしたためた後、『何かしら七夕仕様になっているかも!』と、期待をふくらませつつ、山上拝殿に向かいました。
 
P7071052

緑色の電飾が、天の川っぽい!?
P7071054

続く階段をひたすら上がります。

けっこう急ですよね。
P7071055

特に変化なさそうな気配。
しんどいし、引き返します~?といいつつ、とりあえず登ってみることに。

青空
P7071056

拝殿が見えてきた!
P7071057
浴衣姿のかわいらしい女の子たち。

P7071058

日頃から交野を歩きに歩いているムラカミは登るのが早いです。

運動不足のひふみ…バテバテです。

特に変化ない?ときょろきょろ見回すと…
P7071059

拝殿の、向かって左手の扉が解放され

じゃじゃーん!
P7071060

中に入って参拝できるようになっていました!
P7071062

黄金に輝く獅子でしょうか。
P7071063
かっちょよいです。

振り向けば、夕陽。
 
市内が一望できました。
 
なんだかすっかり夏ですね。
P7071066
拝殿の偵察を終えての下り道。登竜の滝のところに…

あっ

織姫と彦星でしょうか??!
P7071067
ちがいました、ご夫婦仲良くお参りされているのでした。すてきですね☆

その頭上には、

大きな星が鎮座していました!

どーん!
P7071069

煌々と光り輝いていました。きっと、降星伝説を現しているのでしょうね。

下り終えると、陽も落ちつつ、お祭りには夜の気配がやってきていました。
 
P7071070

区内や市内の方はもちろん、市外からも大勢の人たちがそぞろに集まり、暑さも少し和らいだころ、叶えたい思いをそっと短冊に寄せ、家族の健康を思う。

実は初めて訪れた星田妙見宮の七夕祭り。
 
厳かな感じのする七夕の雰囲気。
 
境内の空気を胸にいっぱい吸い込んだら、清々しい気持ちになりました。

地元に根付いたお祭りが季節ごとにたくさんある交野って、やっぱりいいなぁ!と改めて感じたのでした。

ひふみ@交野タイムズ