さわやかな新緑の季節です!
IMG_0003

休日となると、緑がたくさん!の交野には、ハイキングやトレラン、ノルディックウォーキングを楽しむ方が多く訪れておられます。

IMG_0033

都会の喧騒を離れて森林浴…それはもう癒されます。 

里山遊びの入口になる京阪私市駅は、最近では『ソトカフェ』ができたり、がんびさんの『私市蜂蜜』が注目を浴びていたり、交野の中でもかなり熱い場所です。

そんな交野の里山ですが…ほんのちょっと注意喚起。

やつらが姿を現しつつあります。

そう、それは

刺してくる虫たちです!

まずは


ヒトの血を吸って栄養補給だなんて姑息なくせに、吸った後、かゆくさせるだなんて、なんという恩知らずなやつ。
自然界に住む蚊は、服のうえからも平気で刺してきますので、刺されたあとのお薬などの携帯必須です。

そして、これから増えてくる

ケムシ

音もなく突然現れるタイプ。

ファーなどの小物は都会ではファッションアイテムとして人気ですが、虫に毛がふさふさしていても、ぜんぜんありがたくはありません。

そろそろ、上からぶら下がってきますので、帽子や手袋などの防御が必要です。

そして、森の中で一番会いたくない虫ナンバーワン

スズメバチ

そうなんです。

スズメバチが、ちらほらと飛び始めております!

あの低温のブーーーンという羽音を聞くだけで、背筋がぞくっとします。

我が家でも、庭で数匹が激しく飛び交っております。

スズメバチ。以前、タイムズでもその恐ろしさを記事にしております。

hati
(写真クリックで記事へ)

この記事に登場した『スズメバチハンター』に、たまたまお会いすることができましたので、スズメバチ事情を相談をしてみることにしました。

26c9a4e7-s

―スズメバチというと「夏」というイメージがありますが、なぜすでにブンブン飛んでいるのでしょう?

『今飛んでいるのは、女王バチなんです。スズメバチは、女王以外は秋に死んでしまい、女王だけが冬を越します。無事に冬を越した女王が、これから自分のエリアを選び、自分の王国をつくっていくのです。』

―では今のうちに退治しておいたらいいんですね!!

『それはダメです。』

―な、なぜ?

『巣が育ってから一気に襲撃するので。スズメバチ酒を作ったり、ハチノコが絶品なんで、ある程度巣が育ったら教えてください。』

―…。

さすがスズメバチハンター。

e426ce6c-s
(スズメバチハンターは熟練した知識と経験をお持ちなので、ヨイ子の皆さんはマネしないでください)

一般向けの情報は得られませんでしたが、今活動しているのは女王のみで、よほど悪さをしなければ襲ってくることはまずなく、わりかしおとなしい性質なのだそうで、そっとしておいてあげるのがベストのようです。(働き蜂が動き出す夏ごろからは注意が必要です。)

里山散策にお越しの際は、快適なお時間を過ごされるためにも『刺してくる虫』対策もお忘れなく☆

交野タイムズ@ひふみ