こんなニュースがちょっと前にありました。

パクリはあかん! 
福岡・小郡市が大阪2市のキャラをTシャツに

産経新聞

(画像クリックで産経WEST記事へ)

福岡県の小郡市(おごおりし)で開催されたマラソン大会で配布されたTシャツ。

12278731_443803532471317_6171059905839332465_n
(Facebook交野シェアのご投稿より引用)

写真のように枚方市のひこぼしくんと交野市のおりひめちゃんがそのままドドーンとプリントされたものが使われてたようで、小郡市マスコットキャラクターと記載されてます。

980a90ee-s
(交野のおりひめちゃんと枚方のひこぼしくん)

小郡市の皆さん。Tシャツのゆるキャラは交野市と枚方市のゆるキャラのですからね。

小郡市のゆるキャラはこっちなんだそうですので、そっちを今後は使用されるのがモアベターだと思います。

小郡市マスコット
(ゆるキャラ百科事典「ゆるペディア」より引用)

ちなみに小郡市。

七夕と関係のあるまちでもあるようで、小郡市ホームページには、

歴史的背景から七夕の信仰が日本でもっとも早い時期に有明海コースで筑後地方に伝わり、大崎の七夕神社を中心に根づいていったことが想像されます。

小郡市

小郡市役所ホームページより


と記述がありました。

七夕は中国大陸からやってきたという話もあり、大陸とも近い小郡市がその七夕伝承ルートにあったのかもしれません。

が、しかし!

七夕伝説発祥の地は、交野市だっ!ということは交野市民としてそれだけは、ぜったいにぜーったいに譲れないところです。

Tシャツのゆるキャラについては、交野市、枚方市の両市としては「今回のことをきっかけに、キャラの知名度が上がれば」と前向きとのことで、まぁ致し方なしなところもあるかもしれませんが、七夕伝説ついては、邪馬台国が九州なのか?それとも関西なのか?的なやつで賛否両論があるかもしれませんが、その発祥は交野市だ!と思っている次第です。

とまぁいろいろあるようですが、小郡市と交野市で七夕友好都市みたいになって双方で交流したりするのも、いろいろ面白いかもしれません。

【関連記事】
以前、交野市目線で七夕って何だ!?っていうのを紹介させていただいたことがあってその時の記事はこちら
↓↓↓   ↓↓↓
七夕
(画像クリックで記事へ)

交野タイムズ@ハラダ