七夕伝説発祥の地。

大阪府交野市。

その七夕の名前にちなんだ場所もありまして、こちらの交差点もその1つになるんじゃーないでしょうか。

交差点
P6205249

とその前に、こちらの全国的に有名な七夕の歌をご覧ください。
↓↓↓   ↓↓↓
ささの葉~さ~らさら~
のきばに~ゆ~れ~る~
お星さ~ま~ キ~ラキラ~
金銀砂子(すなご)~


そう今回登場するのはこの七夕の歌にも出てくる

砂子

という名前がついた交差点です。

その交差点の名前はずばり!

砂子坂
P6205251

砂子坂と書いて、何と読みますか?

はい!″すなごさか"です!

と答えたそこのあなた!

ブッブー×です。

交野市の場合、砂子坂は『すなごさか』ではなく、スダコザカと呼ばれているんですが(交差点の標識の場合)…。

P6205252

Sudakozaka
P6205247

交差点の標識に張り替えられた痕跡があります。

スタコザカやろ!?

と砂子坂を「スタコザカ」っと読んだそこのあなた!

そうそう!とこの砂子坂のもう一つの読み方をご存知の方は、なかなかの交野人!

交野歴10年以上はくだらないでしょう。

???

スダコザカとちゃうん?

と思ったそこのあなた!

実は、この交差点はもともとスタコザカって呼ばれていたんです。

その名残はまだ周囲にいくつかあります。

例えば、

① ずばり!橋の名前!!
P6205244

交差点のところに架かる橋の名前は、すたこばし。

ちょっと部分が削れてて、たが「だ」に見えなくもないんですが、ここはすたこばしです。

P6205245

② 歩道橋にも!
P6205255

これまた何十年も前からある歩道橋の名前も「スタコ坂歩道橋」になってます。

スタコざかほどうきょうって書いてある
P6205258

どれくらい前からこの歩道橋があるかというと、この歩道橋をのぼったところに表記がありました。

P6205257

昭和59年3月
P6205262

昭和の頃は「スタコ坂」って呼ばれてたこの交差点周辺。

名前のとおり、若干、坂にはなってますが、そんなことより、

なぜスタコ坂からスダコ坂になっている(なろうとしている)のか!?

P6205254

いろいろ調べているとゴッドファーザー交野さんのウェブサイト「星のまち交野」に核心に迫る記述がありました。
『スタコ坂(砂子坂)』のスタコは古くは「スダコ坂」と言っていたそうで、北田家(私部の代官屋敷)の古文書にも書かれていて、天の川の中州?で、土砂で出来た小高い台地で、今の交野駅や梅が枝団地(旧地名の西の口や長砂(ながさ))へ下る場所で、「砂子坂「スダコ坂」」と付けられたとのことです。

ゴッドファーザー交野さん


諸説あって、ゴッドファーザー交野さんのホームページにも詳細書かれているんですが、砂子坂は天の川と前川が合流するポイントにある場所で、川の合流地点には土砂なんかが堆積しやすい状況になるんですね。

それで、そこに中洲(川の中に空き地みたいなの)ができて、そこに田んぼなんかを作っちゃって、人呼んで、
洲田(すだ)。洲田が訛って、スダコになったということを聞いたことがあります。

洲田⇒スダコ。それがさらに訛って、スタコとなったのかもしれません。

そして、七夕伝説の「金銀砂子~♪」の砂子を引き合わせて「砂子と書いてスダコorスタコ」と名づけられているのかもしれません。

スタコ坂歩道橋からの景色
P6205269

というわけで、交差点「砂子坂」の名前の読み方は、スダコ坂がもともとの名前でそれが身近にどんどんなってきて、訛った「スタコ坂」が地名になっていった。

そして、いつの間にか、スタコじゃーなくて「スダコ」がもともとの名前なんじゃーないのか!?となって、この交差点の標識だけ『スダコ坂』になったのかもしれません。

P6205253
(ちなみに、交差点の標識はもともと「スタコ」でした)

しかし、やっぱりスタコなのか!?それともスダコなのか!?

歴史的背景=スダコ
地元的には=スタコ

ということで、どちらの読みも正しいということになるんじゃーないでしょうか。

【星のまち交野】
記事中に登場したゴッドファーザー交野さんのホームページについてはこちら!

ゴッドファーザー交野さん
(画像クリックで記事へ)


砂子坂(国道168号線のところ)