私市植物園のタンポポの90%は在来種!

IMG_6147s

私市にあります「大阪市立大学理学部附属植物園」です。

現在、植物園ではタンポポが黄色いじゅうたんのように咲いています。

大阪市内のタンポポの95%が外来タンポポ(2010年調査)といわれるなか、当植物園のタンポポは約9割が日本のタンポポ(2009年から2011年園内調査)という調査結果が出ています。

いまが見ごろです。

タンポポは雨が降る花が閉じてしまいどこにいるのかわからないくらいになりますが、おひさまがでると写真のように咲き誇ります!

IMG_6142s

とのことで、私市植物園こと大阪市立大学附属植物園では、園内にさまざま植物があって、これからどんどん園内の雰囲気も変わっていくんだと思います。

IMG_6138s

私市植物園のタンポポは在来種が90%ということで、園内のスタッフさんや来園された人たちがずっとこの環境を維持してきた結果なんだと思います。

すっかり春めいてきて、もうすぐゴールデンウイークっていうこともあるので、植物園でタンポポやたくさんのお花を眺めて観察するっていうのも休日プランの1つにするのもありなんじゃーないでしょうか。

今回は私市植物園さんから写真を頂きました!
私市植物園さんありがとうございました!

★写真の投稿や情報提供はこちら!

情報提供


<私市植物園>
ホームページはこちら
大阪府交野市私市2000