大阪市立大学理学部附属植物園は通称、私市植物園と呼ばれてまして、そこには多種多様な植物がほぼ自然のままに育っています。

メタセコイヤなんかが有名なこの植物園ですが、実は園内に1本ブワーっと葉を広げている大銀杏の木も見ごたえがありますよ!

IMG_1189
 
場所は、正面ゲートから見て右の方。展示室の近く。

大銀杏がある!
IMG_1194

高さは10m以上はありそうな大きな銀杏の木がドーンと丘のところにあって、それがイイ感じに色づいてきています。

IMG_1196

写真ではなかなか伝えきれないのですが、実際に行ってみるとそれはそれは圧倒的存在感で見るヒトを魅了していきます。

IMG_1198

ベンチ
IMG_1208

この大銀杏からちょっと行ったところにベンチがあって、そこに座って木を観るのもおススメです。

IMG_1209

ベンチに座ると目の前には金色の世界が!
IMG_1210

写真は先週植物園に行った時のなので、今だともっと色鮮やかになっているか少しづつ葉っぱが落ちてきているかもしれません。

去年は12中旬には葉っぱが全部落ちてて、地面は金色の絨毯みたいになってました。
↓↓↓   ↓↓↓
大銀杏
(画像クリックで去年の大銀杏のようすへ)

ちょっと前にさやさんというヒトがコメント欄に「落葉した頃を狙って行きたいなあと思っていて、見頃の時期をうかがっているのですが、、、 」とコメントを頂きまして、気になったのでようすを見に行ってきました。

さやさん!私市植物園の大銀杏はそろそろ見事ですよ!

 
植物園のFacebookページにも11/29掲載の写真がありました。
↓↓↓   ↓↓↓