P8120908

夏の昼下がり。

よく晴れたら、外遊びや部活に行くお子たちの姿があります。

田んぼの稲は、そんな姿を横目に今日もちょっとづづ成長しているようですが、その動く範囲はただ、上に向かってだけ。

水面下には、オタマジャクシやザリガニなんかが、稲を住処として夏の陽光の下ゆうゆうと動き回ってます。

傍目に何気なく通る田んぼ道。

自転車なんかを停めてマヂマヂと観察すると、稲しかないと思う場所にもいろんなドラマがあるようです。

日常でもっとも自然な環境があるところなのかもしれません。