交野市民の精神的支柱。市内で一番天空に近い場所。

それが、名峰

交野山

標高341m。

「かたのやま」ではなく「こうのさん」と呼ばれるこの山の頂にはヒトが100人くらいは楽に乗れる見晴らし抜群の巨岩があります。

その名も

観音岩
P2014663

いつの時代からここにこの巨岩があるのかはよくわかりませんが、少なくとも旧石器時代の石器が発見されていることから2万年くらい前にはあったのでしょう。

山頂からの眺望は他に類を見ないほどの絶景で、ほぼ360度見渡すことができます。

眺望が超スゴイ!
P2014715

大阪平野が赤裸々になってまして、先月オープンした日本で一番高いビル「あべのハルカス」や大阪湾、京都方面(大文字も見えるそうです)も観ることができます。

P2014716

そんな交野山の巨岩。脈々と続いてきた、大自然の営みについにニンゲンの手が加えられたみたいです。

こっち側とあっち側を隔てる境界線が出現しています。

ハイカーさんが立ってるところ
P2014757

岩の先端部に赤い線が引かれています。

P2014720

このレッドラインから30cm先はあっち側です。
P2014738

P2014718

この赤い線。去年の秋頃にはたしか無かったと思うので、年末~今年初めに引かれたモノだと思います。

最初見た時はイタズラか何かだと思ったのですが、途中で察しました。

たぶん、事故か何かがあったのだと思います。

特に夜なんかは周囲に柵なんかはありませんので(あるのも不自然ですが)、ややもすると危ない!ということはお忘れなく!

P2014758

観音岩はとにかくデッカイのでついつい普通の地面と一緒に考えがちになりますが、横から見るとけっこうな崖みたいになってる場所もあります。

真下から覗くともっと怖い!
P2014714

だんだん暖かくなってきて、交野の里山もハイキングにもってこいなシーズンになってきました。

大阪市内、京都市内、滋賀県の大津市なんかからでも第二京阪国道を使えば30分くらいで自然と友だちになれちゃう場所が交野市にはたくさんあって、すごく便利なスポットなのですが、なにぶん自然の中でのことですので、くれぐれもお気をつけて☆=