原始人の生活をやってみよう!

前回は、原始人村の祈祷師の話でしたが、今回は、儀式担当の

月亭太遊さん

の原始人落語です! 

月亭太遊さん
P1264094

彼は、京都住みます芸人として京都府宮津(天橋立があるところ)や京田辺市(今、住んでます)で観光大使のようなこともされています。

作った原始人メシが出来上がるまでの間、月亭太遊さんの落語を皆で楽しみました。

P1264109
 
というわけで、彼の落語をご堪能ください!

寿限無
P1264096

P1264136
じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょの すいぎょうまつ うんらいまつ ふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽ ぱいぽ ぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい ぐーりんだいのぽんぽこぴーの ぽんぽこなーの ちょうきゅうめいのちょうすけ!!!
P1264140

ふう~ 
P1264141

じゅげむ!!
P1264167

お子たちも多く参加しいていただいていたんで、皆知ってる古典落語のじゅげむを演じてくれました。

P1264121

こども2も聞き惚れる!!
P1264196

こども2が初めての生落語を観ているその時、原始人の母は、スマホに夢中!きっと、SNSへリアルタイムで実況中継していたんでしょう。

母。スマホ中♥ 
無題

おそらくですが、自然の中で、原始人の前で落語を披露されたのは、月亭太遊さんが落語史上初なんじゃーないでしょうか。

ちなみに、太遊さんへのギャラはなんと、

貢物!!

各自1つギャラの貢物を渡していきます。
P1264178
 
P1264176
 
P1264177
 
手作りクッキー
P1264179
 
おや?これは? 
P1264180

ドリンクバーの無料券!
P1264182

P1264183

貢物いっぱいだ!
P1264204

子ども2との邂逅
P1264191

なんと、太遊さん。通学してた小学校には、遺跡があったそうで、そのお話もしていただきました。
原始人になりたいこども2は、すっごく興味シンシンでした☆=

子どもが超好きな太遊さん!
P1264202
 
彼のところには、いつも子どもが集まってきてました。

心優しいヒトなんでしょう!

というわけで、太遊さんの落語が終わり次回は、みんなで原始人メシを食べよう!の様子なんかをご紹介できればと思います。

【原始人の生活をしよう!前回までの様子はこちら】
こども2と原始人になるために服のサンプルを作ったり、寝屋川のビバホームに行ったりなどなど今までのことは全てここに格納されてます☆=
↓↓↓   ↓↓↓
今までの記事一覧
(画像クリックで記事一覧へ)

【月亭太遊さんが原始人になった経緯はこちら】
月亭太遊さんの紹介はコッチ!

この『原始人の生活をしよう(イベント名:原始人の生活をやってみよう!)』は、交野市在住の小学5年生、こども2の「原始人の生活がしたい!」という憧れから始まった企画です。

今後も原始人になるために、いろいろと企画をしていきます!