先日1/26(日)に開催された「原始人の生活をやってみよう」のアウトドアイベント。

石包丁で原始人のゴハンを作る編です!

前回は、「穴掘って、石をガンガンに炙る!」という作業をしました。

穴掘って、
P1264077

石を焼く!!
P1264075

石が料理に最適な温度に熱せられるまで、原始人はゴハンの準備をおこないます!

クッキングコーナー
P1264056

現代で言うところの『長机』というモノの上には、野菜、お肉などなどありまして、これを、

石包丁で切る!!
P1264060

石包丁(サヌカイト)
P1264062

石包丁。

驚くほど野菜が切れます!

千切りなんかもサクサク~っとできまして、原始人がなぜサヌカイトから石包丁を発明したのかが少し分かった気がしました。

P1264064

普通に包丁かナイフで野菜を切っているように見えるこの姿勢。
↓↓↓   ↓↓↓
P1264065

使ってるのはやっぱり、石包丁!!
P1264058

今回のメインディッシュは、この石包丁で切った野菜やお肉なんかをアルミホイルに自由に入れて作る、

蒸し焼き料理
P1264071

特にどの具材をどーするといったこともなく、みんなで切った素材を自由に組み合わせて食べてもらおうというスタンスで、簡単に言うと、

『己の手でさばいた食材は、己の手でいかようにも調理するべし』

ということでしょーか。

こんな感じ
P1264072

アルミホイルに食材を包みます。

P1264088

グルグルっと団子状に丸めて、準備完了です。

P1264089

そして、それを

穴に放り込む!!
P1264090

さっきまでガンガンに炙っていた石を取り除き、穴を掘った地面にゴハンを敷き詰めていきます。

で、アルミホイルを上にファサっと掛けます。

食材を地面に並べる!
P1264092

最後は、食材の上にアッツアツの石を被せたら、あとは簡単!

埋める!!
P1264199

これで、あとは待つだけ。

地面からモクモクと温泉みたいに湯気が出てきました。

イイ感じです。

このままゴハンが蒸しあがるのをただ待つだけです。

それ以外にもダッチオーブンで白飯を焚いてみたり、

白米
P1264047

ダッチオーブンですぐゴハンは、焚けました!
P1264048


スープを作ってみたりもしました。

原始人スープ
P1264070

準備完了
P1264118
(こども2もみんなと原始人生活できて楽しそうです!)

穴掘って埋めた「蒸し焼き料理」は完成まで1時間くらいかかりそうなので、待っている間に、いろいろ遊びました。

といわけで、次回は、その様子なんかをお伝えできればと思います。

P1264120

つづく

この「原始人の生活をしよう!」は、交野市在住の小学5年生である、こども2の憧れ。

原始人の生活がしたい!
67566_452054978205015_1474034634_n

から始まり、今までに土嚢袋で原始人の服を作ってみたりといろいろやってきました。

その経緯や今までの様子なんかは、こちらをどーぞ!
↓↓↓   ↓↓↓
ゴハン準備編
(画像クリックで記事一覧へ)