1/26(日)に開催された、『原始人の生活をやってみよう』のアウトドアイベント。

前日の夜半には激しい雨振りで、開催が危ぶまれましたが、無事に終了しました!

というわけで、その様子を複数回に分けてご紹介!

AM10:00

原始人村の住民が一人また一人と集まってきました。

妙見の森
P1264036

今回のアウトドアイベントで作るメイン料理は、食材以外の材料は現地調達というメタルギアソリッド的要素もありまして、

食は、己の手で掴み取れ!

ということで、まずは、

河原で、石を採集!!
P1264020

この石は、火でガンガンに炙って、蒸し焼き料理のために必要な材料となります。

手のひら大の石がモアベター
P1264021

こんな感じの石です。
P1264026

1人1石

採集できて喜ぶ原始人!!
P1264018

原始人落語家も頑張るっ!!
P1264017
(原始人落語家は、月亭太遊さんです!)

今回から原始人落語家こと、月亭太遊さんが、原始人村の『儀式担当』として新たに仲間になりました! 

薪(まき)を割る!
P1264030

余談ですが、こども2を含め、顔に何やらペイントされていますが、これは、原始人村には祈祷師がいまして、彼の仕業です。その様子は、また別の機会に。

こども2も頑張ってます。
P1264086

割った薪(まき)は、こんな感じで一部は、現代では『焚き火台』と言われている、どーやら焚き火をするにはもってこいのモノを使ったりもしました。
 
P1264032

この焚き火台を使ったメニューは、メインディッシュではありません!

メインはこっち!

穴掘って、石!!
P1264076

穴を掘って、そこに河原で取ってきた石を詰めていきます。

こんな感じ。
P1264077

石。100個以上はあるんじゃーないでしょうか。

火でドンドン炙っていきます。
P1264078

最終的に、こんもりと石が積み上がりまして、その上に、薪を被せます。
 
準備完了 
P1264075

石を熱するとお分かりのよーにアッツアツになりまして、その石の熱を利用した蒸し焼き料理を作る!というのが、今回の原始人のゴハン。ゲンメシのメインディッシュです。

次回は、ゴハンを作ろう!編をお送りします☆=