星田の妙見宮の近くに、

人工的な洞窟というか、トンネルというか、そんなモノがある場所を見つけました。

干上がった川の跡をドンドン歩いて行くと、
PC231708

ガバーっと何やら、漆黒の入口が見えてきます。
PC231701

入口はこんな感じ。
PC231684

近づいてみると、向こう側へ続いているみたいです。
PC231685

入ってみると、なんだか近未来ちっくな光景が広がってて、あっち側には何があるのか!ドキドキしてきます!

プワーっとあっち側の光が目に眩しい!
PC231686

15mくらいでしょうか。トンネルを進むとあっち側が見えてきました。
PC231688

トンネルを抜けて観える景色
PC231690

来た方の景色
PC231691

トンネルの先には、四角なコンクリート空間が広がっていました。行き止まりかなと思いきや、

さらに向こう側に小さい入口がある!
PC231692

四角いコンクリート空間の端っこに直径30cmほどの穴があって、さらに向こうに続いているようです。
PC231694

向こう側に行ってみたい!

と思い、頑張って身体を穴に入れ込んでみたのですが、この穴。ヒトが通れるようなモノではなく、きっと、インドの山奥で修行を積んだ聖人や中国雑技団のヒトだったら行けると思いますが、凡人には到底先に進むことができませんでした。

メッチャ狭い!
PC231695

腕だけ穴には入ったのでカメラでその向こう側を撮影してみました。

地獄の監獄みたいに「檻」っぽい空間が!
PC231696

今度は、このトンネルの上から様子を観てみましょう!

上からの景色はこんな感じ。
PC231855

写真左側がトンネルで、右上が小さな穴です。上から観てみると、左→右へと水が流れた跡がありました。

小さな穴の向こう側には、さらに巨大な広場みたいなのが広がってまして、その広場の真ん中あたりには、「星の池公園」という看板があるのが見えました。

トンネルの向こうには、

巨大な公園?が広がる!
無題
(赤矢印のところが、さっき通れなかった小さな穴があるところ)

察するに、このトンネルと四角な空間。

豪雨かなんかで、川の水が溢れて来た時に、水を星の池公園に導くための機能を持ったトンネルなんじゃーないでしょうか。


*良い子のみんなは万が一のこともあるので、行ったらダメですよ~!

大きな地図で見る