私市小学校5年生のお子さんのFacebookページがあまりにも面白すぎたので、ご紹介させて頂きます!

その名も、

子ども2の例文シリーズ

です!

子ども2の例文シリーズ
子供2の例文シリーズ@Facebook
(画像クリックで子ども2へ)

学校の宿題の漢字ドリルにお母さんがツッコミをいれるといった感じのコンテンツになっているのですが、 子ども2の漢字練習コメントが、とにかく面白いんです。

そして、そのコメントに対するお母さんのツッコミも絶妙。

ということで、いくつかご紹介させて頂きます☆=

① 『条』:停戦条約はウソッパチダ。


②『損』:損とくかんじょうでボランティアをする。


③『責』:責任重大な仕事をほっぽり出す。


④『護』:援護射撃をしたが、全部味方に当たった。


⑤『余』:合唱のコーラスの余韻で鼓膜が破れた。


⑥『仲』:仲の良い友(信用できる)に重要ファイルを、盗むようにたのんだ。


⑦『民』:交野市の市民とアメリカ軍が戦うと、市民が、勝った。


⑧『競』:競争相手は、原始人だ。


よくよくドリルを観ると、マル、花丸などなど使い分けされてて、先生の評価も面白いですね。

小学生の頃、同じように漢字ドリルの宿題があったと思いますが、ここまで秀逸な例文を生み出す発想はなかったんじゃーないでしょうか。

一見するとチョケていると思われますが、いえいえ!この例文は、クリエィティブな思考回路がないと作れませんよ。そもそも、学校の宿題に全力投球するその姿勢、

おおいに見習うべきだ!

この『子ども2の例文シリーズ』は定期的に更新されていますので、最新情報がほしい!っていうヒトは、さっそくfacebookページに「いいね」しましょう☆=