画像1

田中農園のカブト虫

イケメン兄さんのカブト虫屋さんが、神宮寺(じんぐうじ)にありました!

現在、ぶどう園は収穫シーズン到来&7 / 15 から
ぶどう狩りも始まるということもあり、付近はもーぶどう一色になっているのですが、

そんな中、『力売出中 ブりし!』…。ちがうちがう!

↓↓↓ 『カブト虫、売出し中!』という文字を発見。

画像1


でですね、「??カブト虫?? ぶどうで??」って思うわけですよ。
こりゃー入って話を聞かなくっちゃと思い入店してみました。

こちらは田中農園さん。

おぉ!お店のレジ横にいました!カブト虫!!
小学校時代にはよく交野の野山で、カブト虫やクワガタ虫を夢中になって
採っていた思い出が蘇り、おセンチな気持ちに浸りながら、ケースをシゲシゲと見つめること数分。

画像1


イケメンのお兄さんが声をかけてくれました。

画像1


どうやらお店の方のようだったので、

質問: このカブト虫は、お兄さんが採集されたカブト虫ですか?

お兄さん: いいえ。これはボクが育てたものです。

…。 ??、 !!!

えっ!?お兄さんが育てたのん?
もうぶどうの取材そっちのけで興味シンシンです(モチロン、ぶどうの取材もしっかりやりましたが…☆)。

話を伺うとイケメンお兄さん、もとい田中さん(農園のご子息でした)、小学校の頃から、
カブト虫やクワガタ虫をタマゴから育てあげてこられたという、ブリーダー歴数十年の豪の者でした。
趣味が転じてここ数年前からカブト虫、クワガタ虫も販売するようになったとのこと。

ご自身で育て上げたカブト虫さん…? あれっ!?カブト虫って、野山に今でも普通にいるんじゃないの? って疑問に思い、田中兄さんに詳しく話を伺ってみました。


「最近は、天然物はほとんど採れません。今日も朝、山に入りましたけど、ほとんどいなかったです。
里山の環境が年々悪化しており、幼虫が育たないんです…。」

「育てたカブト虫やクワガタ虫はゆくゆくは、里山に戻してあげたい。まずは環境整備が重要ですよ!」


とのことでした。


交野の山。遠目で見る限り、何の変化もなさそうでしたが、見えないところで、大きな変化があるようです。
真剣に環境についてお話をされるお兄さん。交野タイムズは、お兄さんを応援します!

というか、一緒に里山再生プロジェクトやりましょうっ!!

やっぱり、夏休みはカブト虫採りに行くのがよいのですから。

画像1

クワガタ虫も育てています。
こちらは、ヒラタクワガタさんですね。

画像1

カブト虫は、大きさにより、価格差(個体差)あります。
分からないことは田中兄さんに聞こう!

画像1

この子。メチャクチャ元気でした。
そしてデカかった…。

画像1

クワガタ虫も各種取揃えあります。

画像1

レジ横の交野産ヒマワリ油も正直気になります…。

画像1

スゴイ詳しいです。
育てて方等レクチャー受けました。

画像1

売行き好調です。
受渡しの際にはしっかり飼育方法、注意事項など
丁寧にお話してくれます。

◼ 市での取組み
『ビートルレンジャー』という企画やってます!
お子たちメインの企画で、カブト虫の幼虫を自然の中で育てていく企画のようです。
興味を少しでもお持ちになったそこのあなたっ!

とりあえず、下記市役所のサイトをチェックするのじゃ!!

カブトムシ「ビートルレンジャー」 | 交野市
http://www.city.katano.osaka.jp/docs/2012100200042/



大きな地図で見る