画像1

ー神宮寺のぶどうー
夏ですね!蝉の音がかまびすしいですね。
皆さん夏休みのご予定はどんなですか?

えっ!?まだ決めていないっ!!
決めてないなら、交野へぶどう狩りにいきましょ♪

交野山の麓に広がるのは、こちら神宮寺(じんぐうじ)のぶどう園です。
毎年夏のおよそ1ヶ月の期間限定で「ぶどう狩り」が開催されています。
今年は、7月15日(月)〜8月10日(土)です。

交野のぶどう。実はブランド品として有名なんです。
そのお味は極めてジューシー。小粒ながら味が凝縮されています。
ぶどう一粒でも、なんだーっていう位、衝撃的甘さが口中に広がります。

閑話休題

我が子のように一房ひとふさ、育てられているため、都市部にはほとんど流通していません。
都市部に流通される前にツウの人のお口の中に入ってしまうのです。
そんな、奇跡のぶどうを実際に収穫し、もぎたてを食べれるのはこの「ぶどう狩り」の
シーズンだけなんです!

しかも、お一人様なんと¥950 ポッキリですよ!

美味しい × 安い × 楽しい

の、収穫系イベントに必須な3条件全て満たしてます。

これは行かなきゃー損だっ!
というか、行かない理由はないっ!!

モンハンやるより、ぶどうを狩れだぜっ!


ちなみに、交野のぶどうの歴史は、戦後間もない頃から始まりました。
その昔、桃が特産品としてありました。当時は、交野山麓がピンクに染まるほど、
桃が栽培されていたのですが、時代の流れとともに減産となり、新たな産業として
ぶどうを栽培するようになり今に至ります。


ぶどう。今日も太陽のヒカリをサンサンと受け、すくすく育ってます。

取材時、忘れられない言葉を農家の人から頂きました。

質問;「ぶどう栽培で1番難しいことはなんですか?」

「ぶどうに個性があることです。すぐ隣に実っている子でも育ちかたが異なったりします。
また、日照条件一つとっても生育に違いが出たりするので、手間は掛かりますが、そこが
難しくもありやりがいを感じるところでもありますね。言うなれば、我が子と一緒です」

農家の方々が愛情を注ぎ、育てられている交野のぶどう。是非、ご賞味あれっ!!





画像1

この一粒ひとつぶをご覧になって!
味。美味です。

画像1

お土産にもどーぞ。
お安く提供してます。

画像1

収穫ホヤホヤのぶどうさんたち。

画像1

一房ひとふさ手作業で出荷準備されていきます。
愛を感じます♡

画像1

今回は田中さんの所にお伺いさせて頂きました!
丁寧なお仕事されています。

画像1

大阪エコ農産物に選ばれています。
環境、カラダにやさしい農産品にのみ与えられる称号です。

画像1

さらに!大阪産(おおさかもん)の認定も受けてます!
これは、大阪の特産品と認められたもののみに与えられる称号です。

画像1

いい感じに実ってます。
これが食べ放題…。ジュルリ…。

画像1

人だかりできてます!
早く行かなきゃなくなるよー

画像1

あっちもこっちもぶどうぶどうぶどう!!

画像1

チラシです。

◼営業時間
開催期間限定: 7/15(月) 〜 8/10(土)の期間限定
営業時間 : 9:00〜16:00

◼料金
大人1名 ¥950
(詳細は、上記チラシご確認ください)

◼受付
予約不要
ただし、20名以上の団体様については、要予約。

TEL : 072ー891ー8425 (ぶどう狩り組合)

◼行き方
電車 : JR河内磐船駅、京阪河内森駅 から徒歩20分
車 : 第二京阪国道 交野北出口より車で5分



大きな地図で見る